プロフィール

ウェブマスター:              一般社団法人そよ風の手紙                            代表理事 新保浩

新保 浩

FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

あかねさんが訪問してくれました

ゴールデンウイーク前半最終日。

そよ風の手紙へ横須賀よりあかねさんが遊びにいらしていただきました。

あかねさんとは3年ほど前からの知り合いで、
ポッドキャスト「週刊自閉症ニュース」をやっていた頃、取材で彼女の働く福祉作業所を訪ねたこともあります。

快晴でそよ風が気持ちいいので外へ繰り出し、事務所そばの動物公園に息子も一緒に散歩をしてきました。

2480.jpg

こうやって、様々な方にご訪問いただけるような、法人でありたいです。


息子は普通の18歳なんだねぇ・・・

4月から自宅に戻ってきた息子。

GW中の休みの日も、普通の18歳の青年のように、早起きせず寝るだけ寝るの生活です。

わかる!自分も18歳くらいの頃、どれだけ寝ても、眠かったもんなぁ・・・。

いいんです。休日は君の自由時間ですよ。

寝たいだけ、思う存分寝なさい。(笑)


それにしてもよく寝るなぁ。。。

2478.jpg

この寝相、父にそっくりだ。


第2回ママサポートのお知らせ(5月18日:川崎市幸区)

そよ風の手紙では、第2回ママサポートを行います。

えっくんママこと末吉景子(一般社団法人そよ風の手紙副代表)と一緒にスクラップブック(下に写真があります)を作ってみませんか? 簡単でしかもカワイイ、ぜひ3~4枚の卒業写真や入学式、または記念にしたい写真をご持参ください。(切ったり貼ったりしても良い写真)あとはお茶とクッキーで、おしゃべりしましょう。

【日時】2013年5月18日(土)

【時間】13時~受付、13時30分~16時30分まで

【場所】幸市民館日吉分館(川崎市幸区南加瀬1-7-17)

定員15名で締め切りとさせていただきます。(参加には事前申し込みが必要です)

ママサポートの詳細およびお申し込みは、こちらをご覧ください。

 第2回ママサポート詳細

 2477.jpg

     2476.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

666666

3月末まで、12年間息子との日々を綴っていたホームページ「そよ風の手紙」。

すでに更新はしていないにも関わらず、アクセスカウンタは増え続けています。
私としては、終了しても皆様からアクセスをいただくことを、大変嬉しく思っています。

さて、以前「きり番さんの贈り物」というコーナーを、HPの中で開設しておりました。
もちろん、そちらも終了してしまったのですが、今回ある数字に近づいています。

666666。

今まで狙ったことがないけれど、この数字踏んでみようかな(笑)。


666666.jpg


放送を見逃された方、内容はこちらです。

4月20日のNHKおはよう日本での放送の内容が、
NHKONLINE@首都圏の公式HPにて掲載されています。
動画ではありませんが、こんな内容でした。

こちら⇒http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20130420a.html

関東でのローカール放送のため、放送地域外の方、
また、見逃された方、宜しければご覧くださいね。

2475.jpg



テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

そよちゃんのタイルの表札が目印です

そよ風の手紙に新たな表札が加わりました。

イメージキャラクターの「そよちゃん」のタイル表札です。

この表札、はるばるイタリアからやってきました。

と言っても、我々、そんな贅沢ができるような法人ではありません。

もともと、写真下の標札(四葉のクローバー)のところに“そよちゃん”を入れようとしたところ、
メーカーからできないとの回答。

で、施工会社様のサービスで、このタイルのそよちゃんが来ることになったのです。

皆さんも、もし当法人おいでになる際は、そよちゃんマークの表札を目指してくださいね♪

soyocyanhyousatu.jpg



5%の時間もそろそろ始動します

家庭環境の変化から、しばらくの間、休んでいた早朝RUN。
昨日から、始動しました!
息子が寝ている時間のスキマ時間の有効利用です。

生活の中に、自分のための5%の時間を持つこと。
HP「そよ風の手紙」の精神を引き継ぎ、
こちらの方も、今までどおりこのスタイルは続けます。

120423s.jpg

まずは、軽く6kmからのスタート。

それにしても、早朝の空気は、なんて気持ちいいのだろう。

やっぱりこれはやめられないなぁ。


作業所の仕事を産み出す、当法人の絵カード

今日、地元の作業所の青年たちが、絵カードの仕事を取りに来てくれました。

おそらく往復で3kmくらいあると思いますが、歩いて仕事を取りに来るのも訓練の一つということです。

彼らが、単なる散歩でなく、仕事として「そよ風の手紙」まで来てくれること。
そしてそれが、訓練にもなっているということは、嬉しいことです。

これから出来上がるコミュニケーションカードは、ほとんどが彼らの手作りとなります。

真の意味での、温かいウィンウィンの手作りの絵カード。
おそらく、ウィンウィンの絵カードは、現在のの日本では「そよ風の手紙」でしか手に入れることができないと思います。

ぜひ、コミュニケーションツールとして絵カードを導入されることを検討されている方は、
こちらから注文をお待ちしております。

http://soyokazenotegami.com/e-card.html

コミュニケーション絵カードを当法人でご購入いただくことは、間接的に作業所のお仕事が増えることにもつながります。
宜しくお願いいたします♪

2474.jpg


テーマ : 福祉のお仕事 - ジャンル : 福祉・ボランティア

外は雨でもこのマッタリとした時間がイイ

あいにくの雨。

息子との時間は、家の中が多かった週末。

でも、この何気ない、マッタリとした時間が幸せだったりするのです。


2473.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

明石洋子さんが事業所にお越しになられました

土曜日、そよ風の手紙の事業所に、あおぞら共生会副理事長の明石洋子さんがお越しになられました。
頂いた素敵な花束とランの鉢植は、川崎市職員のご子息である明石徹之さんのメッセージ入りです。
徹之さんは、当事業所の目の前にある動物公園で現在お仕事をされています。

2471.jpg

明石さんとは、不思議なご縁で、私(新保)が子供の頃同じ町内会に住まわれていた時期があります。ですので、徹之さんは私の学校の後輩でもあります。そんなご縁がありながら、そんなこととも知らず、TVの放送や「ありのままの子育て」をはじめとしたぶどう社の3部作で、ずいぶん元気を頂いたものです。ですので実際にお会いしたのは社会福祉士の資格を取得した6年ほど前の2007年でした。ちょうど私が、HP「そよ風の手紙」の中から飛び出し、おやじの会をはじめとした地域活動を積極的に参加し始めた頃です。

その後は、今では伝説的なイベントとなった2009年の「ようこそ自閉症ワールドへ!」の裏方や、地元や他地区の父親との交流、音声ポッドキャスト「週刊自閉症ニュース」の配信、等々をすることとなります。
まさか6年後に自身が法人を立ち上げ、そこに明石さんにお越しいただくことなど、当時の私は夢にも思いませんでした。

さて、明石さんは相変わらずパワフルでお元気。
私も副代表の末吉も元気な方ですが、完全に負けてましたね・・・。(笑)

2472.jpg

明石さんありがとうございました!

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

たくさんのメッセージありがとうございました!

4月20日のNHK「おはよう日本」のテレビ放送に対し、とてもたくさんの方からメッセージをいただきました。
本来であれば、お一人お一人にお返事をしたいところですが、息子との時間をより多く持ちたいことや、法人立ち上げ間もないことも重なり、なかなか落ち着かずお返事がでない状況です。
メッセージを頂いた皆様、この場をお借りし、本当にありがとうございました。
また放送をご覧頂いた皆様、感謝の気持ちでいっぱいです。

放送自体は、とても丁寧にかつ心のこもった編集をしていただいたと感じています。
NHKの取材スタッフの皆様、編集いただきましたディレクターのT様には特に感謝です。
9月から半年以上の長きに渡る長期取材。本来であれば取材にご協力いただいた皆様の映像を全て使いたいものの、10分間という短時間の中、どうしてもカットせねばならぬ映像の方がほとんどだったと思います。ご協力いただきながら、放送されなかった皆様、申し訳ございません。

我々親子は、亀の歩みかもしれませんが、これからも一歩ずつ一歩ずつ前に進んで行きたいと思います。
今までのように、ホームページ上からの「元気日記」のスタイルで更新することはありませんが、
当ブログの方から、週末にはサラッとですが親子の姿をお知らせできると思います。
ぜひ今後は、当ブログを今後もお訪ね頂きますと嬉しいです。
本当にありがとうございました。

2470.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

再び前へ!自閉症の子と歩む父

明日4月20日(土)の7:30~8:00のNHK総合の「おはよう日本」。

番組表で確認したところ、「再び前へ!自閉症の子と歩む父」のタイトルがついていました。

昨年9月から取材を受け、12月に1回目を放送。
今回はその続編となり、12月放送分のその後の姿が放送されると思われます。
どんな編集をしていただけるのか、私自身も全くわかりませんが、
何かしら皆様の心に残るような映像になってくれたと願っております。

TV.jpg

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

書籍出版に関する打合せをしてきました

本日午後、東京にて書籍出版に関する打合せをしてきました。

6月中旬には書店にて、皆さまにお手に取っていただくことができると思います。

とは言うものの、まだまだ完成まではやることが山積状態。

詳細が決まりましたら、こちらからご報告しますね。

     2469.jpg


4月20日(土)のNHKおはよう日本で放送されます

TVの放送日が決定いたしました。

4月20日(土)NHK総合「おはよう日本」にて、
7:30~8:00の間の10分程度放送される予定です。
(※ただし、放送は関東甲信越地方のローカル放送です)

よろしければ、ぜひご覧いただけますと嬉しいです。

2468.jpg


東京都自閉症協会様の取材を受けました

本日の午後、NPO法人東京都自閉症協会のS様とY様が当法人事務所にお訪ねになられました。
同協会が発行されている広報誌「プリズム」内の取材とのこと。
大変ありがたく思います。

思い返せば、東京都自閉症協会様とは、個人的にもおやじの会を通じて6年ほどのお付き合いがあり、
毎年行われているファミリーキャンプ等に、息子と一緒に参加させていただいておりました。

また、地区会においても私の講演会を企画していただいたこともあります。
ある意味地元の自閉症協会よりも、幅広い着眼点を持たれていることにいつも感心しておりました。
さすがに日本の中心である東京における同協会。
その動きには隣の地区ながら、いつも驚かされ刺激を受けています。

さて、この写真は、昨年9月に参加した同協会東京おやじの会主催のファミリーキャンプに参加した時の、息子のトレッキングの後ろ姿です。
2467.jpg

地域の壁を越えて、つながってゆくこと。
あらためて、東京都自閉症協会様の動きを見て、私自身の考えの根本に近いものを感じます。
東京に引っ越そうかな・・・。(笑)


法務局で登記完了しました!

今日、正式に法人登記が完了し、
横浜法務局にて、履歴事項全部証明書を発行してきました。

内容を確認しながら思うことは、定款も含め行政書士等のプロの力を借りずにできたことに、
ある意味その一言一句がとても愛着のある証明書になったなぁ・・・ということ。
単なる書類ではありますが、書類を手にして感動さえ覚えるくらいです。

もちろん、法人設立日は、我々がこだわった、
世界自閉症啓発デーの4月2日。

touki.jpg

まだまだ構想は始まったばかり。
登記が完了し、より幅広い活動がスタートします。

テーマ : 福祉のお仕事 - ジャンル : 福祉・ボランティア

初めて地元作業所に仕事の依頼をしました

地元の作業所に、今日初めて絵カードのカット作業の仕事を依頼し、事務所まで仕事を取りに来ていただきました。
当法人としても、このことがスタートできたことは大変嬉しいことです。

今後は、こちらの事務所まで納品等も歩いていらしていただけるとのこと。
実際にお仕事をされる方と、手渡しでの交流もできます。
そよ風の手紙が笑顔の拠点になることが、とても楽しみです。

serupu.jpg

「ウィンウィンの絵カード」が、注文された皆様のお手元に届く日もあとわずかです。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

息子との週末

4月から我が家が新しい環境になってから2週間が経ちました。
息子はまだまだ完全に慣れたとは言い切れない部分もありますが、
徐々に生活のリズムをつかんできています。
週末に関しては全く今までと同じように、親子の時間をたっぷり過ごしています。

土曜日、TVのカメラが我々親子の取材に入ったのですが、
息子は公園のトイレに行って戻ってきたとき、ある一言を発しました。

「オマタセシマシタ~!」

その言葉のタイミングと独特の言い方に、私もTVスタッフも大爆笑。
偶然なのか何なのか、いずれにせよ息子をはじめ自閉症の方といると、絶妙なユーモアのセンスというか、その純粋さゆえ笑いの神様が降りてしまうような、そんなことが度々あります。

130414asu.jpg

さて、その取材中の放送日の件ですが、
4月20日(土)7:30~8:00のNHK「おはよう日本」の中で10分程度の放送になりそうです。
放送日がはっきりしましたら、あらためてこちらでお知らせ致しますね。


ホームページ「そよ風の手紙」は終わりましたが、息子の姿に関しては、皆さんのご期待も大きいようですので、こんな感じで、毎週日曜の夜に様子をサラッとですがお知らせできるかな?と思っております。


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

第1回ママサポートを終えて

本日(4月13日)に開催された、第一回ママサポート。
15名の母親の皆様にご参加いただきました。

以下に、副代表のえっくんママこと末吉景子より参加された皆様へのメッセージを掲載いたします。

第一回目のママサポートを無事に終了できたこと、大変うれしく思います。
新学期が始まって、サポートブックを作ろうという話は参加された皆様がメモを取られたり見本のサポートブックの写真を取られたりしておりました。

後半は自己紹介を兼ねて、みなさまのいいたいことをシェアしました。
みんな悩みはそれぞれですが、でも一人ではない、みんなで一緒にがんばって行こう!という繋がりが生まれたような気がします。

辛いこと、苦しいこと、うれしいこと、楽しかったことなどシェアできたのではないかなと思います。

そしてママが笑顔でいることが一番とあらためて、実感した一日となりました。

ご参加された方々、本当に今日はどうもありがとうございました。

えっくんママより


1185405313-1.jpgDSC00894.jpg

ママサポート自体は、副代表の末吉が全てを進めており、3時間に渡る詳細の内容はママさんたちしかわかりません。
ただ、私が3時間後会場に戻ってきて感じたのは、
参加された皆様の、始まる前の表情と終わったあとの表情が大きく変わっていたことです。
皆様、笑顔のある柔らかい表情でお帰りになられました。

この表情で、本日のママサポートの雰囲気を知ることができた気がします。
当法人のママサポートの真の目的は、何を置いてもここにあったので大変嬉しく思います。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

ママサポートもウィンウィン

本日、川崎市の麻生市民館で行われる「第1回ママサポート」。

このママサポートも、そよ風の手紙では、ウィンウィンのスタイルをとっています。

一つは、
これは私がおやじの会に行くたびにお話している、おやじの会に地域の“壁”は要らない。ということにもつながりますが、
ママサポートに“〇〇の会会員限定”などというものは、一切不要ということです。
ですので、当法人のママサポートには、お気軽にご参加いただけたらと思います。

2つめは、
療育等のお話を中心にするのでなく、普段心の中に溜まっているものを吐き出して、元気に、そして笑顔になってお帰りいただけるような会にしたい。というものです。

3つめは、
ママサポートの際には必ず、皆様に地域の作業所のクッキー等をおやつのような形でご用意したいと考えています。
これにより、ママサポートがあるたびに、作業所の売上に一役買うことができます。ご参加の皆様にそのクッキー等を味わっていただくことも、ウィンウィンです。

4つめは、
私と息子も会自体には参加しませんが、最初と最後に顔を出す予定です。
皆さんが会を開催されている間、開催地の付近のおでかけを息子と楽しんできます。
我々親子にとっても、実はウィンウィンなのです。


そんなことで、ご参加の皆様、
本日は楽しんでママサポートにご参加くださいね。

2463.jpg

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

“ウィンウィン”の絵カードになります!

今日、とても嬉しいことがありました。

1年前から頭に描いていたある構想が、実現することに決定したのです。


その構想とはこんなことです。

実はこの絵カードのお店を法人化した際に、私にはどうしても“こだわりたいこと”がありました。

それは我々の絵カードは、「ウィンウィンの絵カード」にしたいというものです。

少し、分かりづらいですよね。

具体的にお話しすると、当法人の絵カード作成に、地域の作業所の方に関わっていただくことを実現すべく動いていたのです。
そうすることにより、地域の障がいをお持ちの方の作業所にも仕事を生み出すことができます。

つまり、絵カードを使用される方もウィン、作られる方もウィン、そして当法人も在庫を作ることができウィン。

この絵カード作成に関し、本日作業をしていただく作業所の一つが決定しました。
これで皆様のお手元に届く絵カードは、市販されているただの商品ではなく、一枚一枚、作業所の方々の手が加わった温かい、今まで以上に心のこもった絵カードになります。


そよ風の手紙は、地域の中で、そんな様々なウィンウィンの関係を築くことを目的の一つに創業しました。
そのことの一つが、まず実現できること。とても、嬉しく思うのです。

今後当ブログで、作業風景なども具体的にご紹介できる思います。


まずは、「ウィンウィンの絵カード」の実現できることに、スタッフ一同、喜びもひとしおなのです。

helper_01.jpg



「そよ風の手紙」のパステルアート教室について

「そよ風の手紙」のパステルアート教室。

当法人の目指すパステルアート教室は、よくある普通のアート教室ではありません。
自閉症や発達障がい、知的障がいを持つ方とその親御さんが、躊躇なく通うことができるような、
気持を楽にして通うことができるような、アート教室を目指しています。

そもそも、パステルアートなど2年前の私にとっては、無縁の世界でした。
その私がパステルアートを習い始めたきっかけは、息子と一緒に何か楽しめることはないか、そんな理由でした。

そして1年半前、実際に通い始めたところ、その魅力に取り付かれてしまったのです。
と言うのも、パステルはちょっとした技法を学べば、驚くぐらい素敵な作品を、どなたでも描くことができること、そして、直接指を使うため、気軽に楽しく描くことができることを体験したからです。

2461.jpg

同時に、パステルアートは、障がいがある人でも比較的描きやすいことを実感しました。
また、なかなか習い事をしたくてもできない、母親とお子様にも気軽に参加できる習い事として、指を使って描けるパステルは、比較的参加しやすいのではないかと考えました。
これらのことを知ってから、絵カードのお店を法人化しようと打ち合わせを進めていた、現在副代表である末吉も巻き込み、通うことにしたのです。

私どもは約1年半かけて、パステル和(nagomi)アートの正インストラクター資格をこの3月に取得しました。
我々の願いは、障がいが有ろうと無かろうと、ごく普通に習い事ができる教室を開きたいということでした。
また、パステルは指を使うため、微細運動にも良いのではないか?ということも感じました。
さらに、毎回皆様に描いた絵をおみやげとして持ち帰って頂くことができます。

それらを経て、一般社団法人そよ風の手紙では、障がいを持つお子様がお母さんとともに、
何の心配もなく通うことができる教室を定期的に行うことを、法人事業の一つの柱としました。

今後の動きとしては、こちらが指定する日時場所での参加希望を募る方法と、皆様が会場を確保されてそちらへ出張することも承ります。
近々、HP上で詳細をお知らせいたしますが、基本的には親子3組での開催を基本とします。
パステルの道具等は、すべてこちらでご用意いたしますので、手ぶらでご参加できる形になります。

ご興味のある方は、一般社団法人そよ風の手紙の公式HPをご覧くださいね。
また、お問い合わせもお待ちしております。

2462.jpg
(↑ こちらが、我々のパステル正インストラクターの資格者証です)

第一回ママサポート開催のお知らせ(4/13:川崎市麻生区)

 第一回ママサポート開催のお知らせ     
 主催:一般社団法人そよ風の手紙              mamasapologo.jpg
    

そよ風の手紙副代表、えっくんママこと末吉景子と一緒に、
サポートブックの作り方を考えてみませんか?
その他、先生との連携について、意見交換会&おしゃべり会も行います。


【日時】2013年4月13日(土)

【時間】13時~受付、13時30分~16時30分まで

【場所】川崎市麻生区 麻生市民館 3階 第3会議室

川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号

(最寄駅)小田急小田原線 新百合ヶ丘駅北口 徒歩5分

【参加費用】 1000円

申し込み人数が定員(25名)になり次第締め切りとさせていただきます。

ママサポートではママのみのご参加をご協力いただいております。

【お申込み先】

メールアドレス   mama-support@soyokazenotegami.com
お名前、お電話番号、ママサポート参加希望と記載の上お申込みください。


当法人が主催するママサポートは、参加者に対する壁はなく、ママであればどなたでも参加できる会です。
一歩を踏み出せないママさん、ご心配なさらずにお気軽にご参加くださいね。

まだ若干名のお申し込みが可能です。
ご興味のある方は、是非お申し込みください。
お待ちしております。



絵カード、初受注の感動

一般社団法人そよ風の手紙を立ち上げてから2日後、初めての絵カードの注文を頂きました。
ちなみに初めてのお客様は、石川県のMさんです。ありがとうございました。
初めての注文が入ったとき、我々は拍手をして喜びました。
やっぱり、法人の立ち上げを手作りで一から始め、注文をいただけたことは感慨深いものです。
その後も4組の方から注文を頂き、オーダーを頂くたびにスタッフと共に拍手をしています。
ご注文頂きました皆さま、本当にありがとうございます。

私が建築関係の営業をやっていた20代の頃、初めて営業で受注した時のことを思い出します。
東京の戸越銀座商店街の某店舗。初めての契約。
20年以上経った今でも、あの感動は忘れていません。

今回のこの感動を胸に、初心を忘れずにゆきます。
皆様のもとに笑顔のカードをお届けできたら、と思いながら、
日々絵カードを手作りで作成している、そよ風の手紙のスタッフなのです。

写真


その後の息子

約12年間続けてきたホームページ「そよ風の手紙」を3月31日に閉じて、
息子の姿を今までのように週末ごとの日記形式では書かなくなりました。

しかしながら、ご心配メールをいただいているのも事実。
ですので、少しだけでもその後の様子を。
130407.jpg
週末は、地元の理容室に散髪に行ってきました。

まだまだ新生活に慣れたとは言い切れませんが、元気ですョ!

バタバタの毎日ですが、親子共々楽しい日々です。

明日(日曜)11:00から、かわさきFMに登場です!

今年度も、かわさきFM(79.1MHz)の堀川ひとみさんの番組で、「自閉症ニュース」のコーナーを担当させていただくことになりました。
これで、担当させていただいてから3年目に突入しました。

番組名は、「Dream Kingdom ★堀川ひとみの「うたの国から」」
第1・第3日曜、午前11:00からの30分番組です。←※時間が変わっていますのでご注意ください!
番組内で私は、別名“そよちゃん”にて、自閉症をはじめとする発達障がいの情報や、地元川崎の情報を発信させていただいております。
FM放送内でこのような発信の場をいただけることは、とてもありがたいことです。

timetable.jpg

ちなみ私の登場日は、毎月第1週目の明日4月7日の日曜日
月一回、第一日曜日に、放送開始間もない番組前半で3分ほど登場しております。
(ちなみに私の部分は録音です。スタジオに見学に来てもいません。)
放送は、同時刻の生放送を全国どこでもインターネット(サイマルラジオ)で聴くこともできます
サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp

堀川ひとみさんは、アスペルガー症候群の発達障がいを持つ、シンガーソングライターです。
堀川ひとみさんの軽快なトークと、ひとみさん自身の音楽を聴くことができる、明るく楽しい番組です。
2285.jpg
(こちらは、昨年12月にゲスト出演した時の、スタジオでの写真です)

ご興味のある方は、是非お聴きくださいね♪

 

そよちゃん誕生秘話

一般社団法人そよ風の手紙の、イメージキャラクターの「そよちゃん」。

このキャラクターには誕生秘話があります。
soyocyanmeisi.jpg

昨年末に、デザイナーの佐藤えり子さんが来日した際に、
どうしても法人のキャラクターが欲しいとの3人で打ち合わせをし、
生み出されたのがこの「そよちゃん」なのです。

様々な案が出される中、私のこだわりの中にどうしても可愛らしい少年のイメージがあったので、
そのことを取り入れていただいた中で、えり子さんが生み出してくれたキャラクターです。
2459.jpg1111111.jpg
そして、皆さんのところに、“笑顔のそよ風を届けたい”をコンセプトに、マントを付け空を飛んでいるイメージが作り出されました。

ちなみに、そよちゃんの顔。

ベースは、私の少年時代でございます。(真ん中が私)
aimg048_r1s.jpg

この写真、2005年6月5日に書いた、当時のブログ「父のひとりごと」の「忘れられない恩師」から取り出されました。この写真のシーンのブログ記事はこちらです。⇒http://dream3942.blog2.fc2.com/blog-entry-154.html

そんな中で生み出されたイメージキャラクターの「そよちゃん」。
我々にとって愛着のあるキャラクターであると同時に、
皆さんにも愛されるキャラクターになって欲しいなぁ。


川崎大師に行ってまいりました

「一般社団法人そよ風の手紙」の創業に伴い、
地元川崎の川崎大師にて、副代表とともにお護摩の祈願をしてまいりました。
私自身は特定の思想や信教はありませんが、日本人ですね・・・。
ついつい、節目にはこのような場所に来てしまいます。

さて、帰りにおみくじを引いたところ、九十六番の大吉が出ました。
職業のところには“天賦に従うて達す努力をすれば之に加ふ”と書かれていました。

私にとっては、法人立上げは初めてのこと。これからが本番。
私自身に天賦などありませんが、皆様が笑顔になるようなお手伝いが、一つでも多くできるよう、気を引き締めてまいります。

2455.jpg
2454.jpg 2453.jpg



ホームページが完成しました

「一般社団法人そよ風の手紙」のホームページが完成しました!

完全に手作りなので、ちょっと苦労しましたが、それだけに愛着のあるホームページが完成しました。

URLは、soyokazenotegami.com です。

こちらをご覧いただければ、事業内容等もお分かりになると思います。
皆さま、ぜひお訪ねくださいね。



2452.jpg



世界自閉症啓発デーに創業しました

一般社団法人そよ風の手紙

ホームページ「そよ風の手紙」の精神を引き継ぎ、本日法務局に登記申請してまいりました。

この法人がどのような事業をするのかは、現在ホームページを鋭意作成中です。

明日にはURLをお知らせできると思いますので、今しばらくお待ちくださいね。


2450.jpg
2449.jpg




| ホーム |


 ホーム