プロフィール

ウェブマスター:              一般社団法人そよ風の手紙                            代表理事 新保浩

新保 浩

FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

明日9/1(日)午前11:00から、かわさきFMに登場します!

明日は、9月第一週の日曜日。

そうです!
第1週の日曜日と言えば、ラジオのかわさきFM(79.1MHz)にて「自閉症ニュース」のコーナーが放送される日です!

「Dream Kingdom ★堀川ひとみの「うたの国から」」。
第1・第3日曜、午前11:00からの30分番組です。
その第1週の番組内で私は、別名“そよちゃん”にて、自閉症をはじめとする発達障がいの情報や、地元川崎の近くの情報を発信させていただいております。
いつも思いますが、公の電波である地元FM放送内でこのような発信の場をいただけることは、とてもありがたいことです。
私の登場日は毎月第1週目ということで、9月は明日9月1日の日曜日です
月一回、第一日曜日に、放送開始間もない番組前半で3分ほど登場しております。
(ちなみに私の部分は録音です。スタジオに見学に来てもおりません。)
放送は、同時刻の生放送を全国どこでもインターネット(サイマルラジオ)で聴くこともできます
サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp

堀川ひとみさんは、アスペルガー症候群の発達障がいを持つ、シンガーソングライターです。
堀川ひとみさんの軽快なトークと、ひとみさん自身の音楽を聴くことができる、明るく楽しい番組です。

timescd


ちなみに、今回の自閉症ニュースも、私(そよちゃん)は外部に飛び出し、インタビューレポートをしています。

インタビューのお相手は、9月28日、29日に横浜のワールドポーターズ6階で開催されるイベント、
「バリアフリーフェア2013」の実行委員会の石井さんと、山本さんです。
2651.jpg

バリアフリーといっても、

とても広い意味でのバリアフリーのイベント。
身体の違いや、年齢や、国籍や、性別の違いのバリアを取り払って、みんなで楽しもう!というもので、どなたでも参加いただけるイベントです。

2653.jpg

2652.jpg

ご興味のある方は、是非お聴きくださいね♪

バリアフリーフェア2013のHPは、こちらです⇒http://www.nposq.jp/bff/bff2013/

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

第4回ママサポート(9/7:川崎市多摩区)参加者受付中です

第4回 ママサポート開催のお知らせ(ただ今受付中です!)

                      一般社団法人 そよ風の手紙 主催

         mamasuport_banner.jpg


 ママサポートは、発達に遅れのあるお子様のママたちが気軽に集まることができる会です。ママたちは、日々の忙しい生活の中、悩みや不安を抱えながら過ごされていることと思います。時として、子どもから離れる時間も必要かと思われます。そんな同じような悩みをもつ方同士が集まって情報交換や日頃のストレスを発散したり、
リフレッシュして笑顔でお子様やご家族の方々と接してくださることを目的としております。ママがハッピーであることは、子どももハッピーでいることができる第一歩です。どなたでも、気軽に参加でき、ママが少しでも笑顔になっていただくことをお手伝いするのが、当法人のママサポートです。

 ママサポートではいろいろなお話をします。子どものこと、家族、学校、支援サービス、身辺自立や食事、外出時のエピソードなどさまざまな話題がでます。時にはサポートブック作りや、楽しくスクラップブックなどを一緒に作成する楽しみなどもあります。

末吉景子 14歳の重度自閉症を伴う息子(えっくん)の母。えっくんが3歳の時アメリカに渡米し早期療育を受け、それを日本に伝えたいと、ブログ 「HOME SWEET HOME」と「カリフォルニアからの便り」を開設。2009年には著書 「えっくんと自閉症」をグラフ社から出版。2010年にはシングルマザーとしてえっくんとともに日本へ帰国。その後、絵カードのお店の経営や発達障がいの早期療育に携わるセラピストの仕事をしている。このたび一般社団法人そよ風の手紙の副代表として、同じ悩みを持つママたちへのサポート、絵カードのお店、そしてパステルアート教室を開いている。

【日時】2013年9月7日(土)

【時間】13時~受付、13時30分~16時30分まで

【場所】多摩市民館 川崎市多摩区登戸1775-1

【アクセス】小田急線向ヶ丘遊園駅北口下車徒歩5分 

【参加費用】 1000円 

  申し込み人数が定員(15名)になり次第締め切りとさせていただきます。

 ママサポートではママのみのご参加をご協力いただいております。

【お申込み】メールアドレス mama-support@soyokazenotegami.com

上記メールに、お名前、お電話番号、ママサポート参加希望と記載の上お申込みください。


当日お会いできることを心よりお待ちしております。

                
         tamasiminkanaccs.jpg

http://soyokazenotegami.com/mamasupport.html

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

龍馬からの恋文(らぶれたー)

高知からのお土産にもらって、2年以上使えずに棚の中で眠っていた

龍馬からの恋文(らぶれたー)



こ、これは、使えんぜよ!

でも、断捨離するには、使わんと意味がないんじゃ!


龍馬さん、すまん!(笑)




本日(8/28)、JFN系列のFMラジオ6局に出演します

本日(8月28日(水))のJFN系列の一部の地方FM局内の番組

「THE VOICE~ピープル・ズームアップ~」に出演します。

書籍「そよ風の手紙」に関してのお話を、させていただきます。(録音です)

1~2分程度ですが、私の声がFM放送で流れます。


jfnonline.jpg


ただし、放送局が限られています。

群馬、三重、山陰、香川、鹿児島、沖縄の6つのFM局のみ、聴くことが可能です。

放送時間は以下のとおりです。(各局バラバラなのでご注意ください!)

※8月28日(水)

FM群馬(12:55~13:00)、FM三重(16:30~16:35)、FM山陰(7:35~7:40)、
FM香川(23:55~24:00)、FM鹿児島(8:20~8:25)、FM沖縄(16:55~17:00)



よろしければ、こちらの地方の方、ぜひお聴きくださいね。

fmgumma130828.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

夏の練習はウソをつかない

今、10kmを走ってきました。

空気は完全に秋に向かっていることを感じます。

夏の間、ちょっと辛かった早朝の10km。

今日はとても気持ちよく、楽しく走れました。


夏の練習はウソをつかない。

秋のマラソンシーズンに向けて、自分越えに挑戦します。

2649.jpg


発達障がいの当事者・医療・親の視点から:東京都杉並区(9月15日)

普段からお世話になっている、イイトコサガシさんのイベントのお知らせです。

発達障がいの当事者・医療・親の視点から
~思春期に自己肯定感を失わないためのイイトコサガシ~
(東京都杉並区にて、9月15日に開催)
司会は、がじゅまる事務局長の原佐知子さんがされます。

(※9月8日追記)
当イベントは、諸事情により中止になったようです。詳細は、下記URLにて。


詳細はこちらをご覧下さい⇒http://kokucheese.com/event/index/103583/



103583_photo2.jpg



発達障がいの当事者・医療・親の視点から
~思春期に自己肯定感を失わないためのイイトコサガシ~

あなたは、自分に「いいね!」と言えますか?

私は私について「いいね!」と言っています。

Yes! to me

2013. 9. 15(日)13:00 - 17:30(12:30 受付)
会場:杉並区・西萩地域区民センター(東京都杉並区桃井4ー3ー2)
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/map/detail.asp?home=H04910

【交通】
○JR中央線西荻窪駅から徒歩15分
○西荻窪駅北口からバス(井荻駅行きまたは荻窪駅行き)桃井四丁目下車
○荻窪駅北口からバス(0番・1番乗り場から乗車)桃井四丁目下車
○西武新宿線井荻駅からバス(西荻窪駅行き)桃井四丁目下車

安原こどもクリニック院長 安原昭博氏(小児神経科医師)
NPO法人えじそんくらぶ代表 高山恵子氏(臨床心理士・薬剤師)
東京都発達障がい当事者会 イイトコサガシ代表 冠地情氏(発達障がい当事者)
大田区発達障がいネットワークLink 代表 原佐知子(支援者・ライター)


【内 容】
発達障がいのある方は、自分のことを適切に認知することが苦手な傾向があります。
また周囲からの適切な理解の不足も重なると、特に思春期にうまく【自分探し】ができなかったり、【自己肯定感】が育ちにくく、鬱や不登校、引きこもりとなって問題が表面化するケースも珍しくありません。
では、どうしたら自己肯定感を失わず、大人の階段を自分のペースでのぼっていくことができるのでしょうか。
今回のセミナーでは、発達障がいに関する当事者、親、医療・専門家…といった多様な立場から【思春期の自己肯定感】について考え、『自分にYes!』『自分にいいね!』と言えるようになるカギを探して行きたいと思います。

尚、当日は「イイトコサガシ ワークショップ」のデモンストレーションも予定しておりますので、振るってのご参加、お待ちしております。



共催)東京都成人発達障がい当事者会 イイトコサガシ&杉並区障がい者自立生活支援センター すだち
協賛) ふぁみえーる
https://famiyell.net/

協力) 発達障がいサポートネットワーク Link


発達障がいの当事者・医療・親の視点から
~思春期に自己肯定感を失わないためのイイトコサガシ~



【講師】

安原昭博[やすはら あきひろ]
関西医科大学医学部卒業、小児神経科医師。専門は小児神経学、発達障がい、電気生理学、発育障がい。
関西医科大学附属病院、済生会泉尾病院、米国アイオワ大学神経内科、関西医科大学附属香里病院小児科部長、関西医科大学小児科学教室助教授を経て、現在、安原こどもクリニック院長、YCCこども教育研究所代表理事を兼任。
関西医科大学小児科非常勤講師。
ADHDの親の会「大阪ADHDを考える会のびのびキッズ」を立ち上げ、大阪の北河内地区の発達障がい児・者支援の中心的役割を果たしている。



高山恵子[たかやま けいこ]
NPO法人えじそんくらぶ代表。臨床心理士。薬剤師。
昭和大学薬学部卒業後、約10年間学習塾を経営。
1997年アメリカトリニティー大学大学院教育学修士課程修了(幼児・児童教育、特殊教育専攻)。
98年同大学院ガイダンスカウンセリング修士課程修了。
専門はAD/HD等高機能発達障がいのある人のカウンセリングと教育を中心にストレスマネジメント講座などにも力を入れている。
昭和大学/薬学部兼任講師、武蔵大学/非常勤講師、玉川大学大学院教育学部/非常勤講師など。


冠地情[かんち じょう]
東京都成人発達障がい当事者会「CommunicationCommunity・イイトコサガシ」代表。
1972年生まれの40歳。
波乱万丈紆余曲折七転八倒の末に発達障がいであることが34歳で判明。
その後いくつかの当事者オフ会を経て、コミュニケーションを楽しく試す機会を創出しようと、イイトコサガシ立ち上げを決意。
現在はワークショップのファシリテーターとして全国を飛び回り、親の会、支援機関、行政、医療機関、教育機関等とのコラボレーションを積極的に推進している。


【司会】

原佐知子[はら さちこ]
障がい児者の医療を考える会がじゅまる事務局長/大田区自閉症の子供を持つ親の会「翼」 コーディネーター/イイトコサガシ ファシリテーター/大田区発達障害ネットワークLink代表。
2004年以降、福祉・発達障害関連の書籍などの企画編集に携わるとともに支援活動を始める。
2011年、内閣府が主催するiSB公共未来塾4期にて、社会的企業人材創出・インターンシップ事業としての 「障がい福祉コースⅠ(発達障がい)」をコーディネート。
自身も発達障がいの情報誌の企画で採択される。


【タイムスケジュール...etc】

12:30 受付
13:00 ご挨拶
講演 安原昭博氏
高山恵子氏
冠地 情氏
16:00 クロストークセッション
原佐知子氏を交えて
16:40 イイトコサガシ/デモンストレーション
17:20 クロージング

対象)ご家族、支援者、当事者、ご関心のある方ならどなたでも可
定員)360名
費用)1000円
場所)杉並区・西萩地域区民センター (杉並区桃井4ー3ー2)
○JR中央線西荻窪駅から徒歩15分
○西荻窪駅北口からバス(井荻駅行きor荻窪駅行き)桃井四丁目下車
○荻窪駅北口からバス(0番・1番乗り場から乗車)桃井四丁目下車
○西武新宿線井荻駅からバス(西荻窪駅行き)桃井四丁目下車

申込み方法)
こくちーずより申し込み
fax / 03ー5310ー3561(障がい者自立生活支援センター すだち)
※ お名前、連絡先を明記。


チラシ:designed by .keiko SociáLabo ©


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

多くの人に支えられて来たんだなぁ・・・

週末の土曜日、息子と目指したのは湘南海岸。

毎年夏の終わりに向かう場所です。

いつもであれば、海岸まで降りて、海の中にちょっとだけ入るのですが、
今年は、完全なイワイワ星人に変身。
車を降りても、全く海に向かおうとしません。
そんなわけで、波に乗るサーファーを横目に、ドライブです。

2642.jpg

続いて向かったのは、これまた夏に恒例の、座間のひまわり畑。

この時期でもひまわりはきれいに咲いていましたよ!

2636.jpg


でも、息子の姿がないですよね。

そうです、ここでも車から降りない、イワイワ星人。

今年の夏は、イワイワ率アップ!・・・って、イワイワ率って何だ?(笑)

2635.jpg

こんな感じで、今年の夏は終わろうとしています。



日曜日、多くの人に支えられて来たんだなぁ・・・というような出来事がいくつかありました。

その一つが、群馬からどっさりと届いた野菜です。

贈り主は、息子が療育センターでお世話になったO先生から。
O先生は現役引退後、社会福祉法人でお勤めになられ、現在は群馬にて農園作業をされています。

そのO先生から、農園の野菜がたくさん届いたのです。
先生は私の講演会にも、わざわざ群馬からいらして頂いたり、
その他にも、いつも我々親子のことを気にかけて頂いております。
私も(息子もきっと)、感謝でいっぱいなのです。
2633.jpg

 ↓ 野菜を見た息子。(なんだ?なんだ?)という感じかな?
2634.jpg

もうひとつ、昨日事務所に訪ねられたのが、息子が小学2年生の1年間、
「学童保育」でお世話になった、M先生。
書籍「そよ風の手紙」をお読みになられて、お訪ねいただきました。
約10年ぶりの息子との再会。
でも、息子のはにかむ様な笑顔の表情を見ていたら、きっとM先生を思い出したと、確信しました。

わずか10分程度のお時間でしたが、お話をしていて当時のエピソードを思い出しました。

学童保育廃止後、川崎市の放課後児童子育て支援事業の「わくわくプラザ」での辛い出来事。
息子が頭突きでガラスを割ってしまった時の、館長と教員の差別的発言。

当時は、私もまだまだ若かった。

差別や偏見に対しては、行政であろうと何であろうと、自分は真っ向から戦う猪突猛進の人物だったことを思い出しました。
今は丸くなった・・・と思います。(たぶん)
というより、敵を増やすより仲間を増やした方が、より目的に達する速度が速いことを学んだのかも。
息子が、未熟な父を丸くしたのかもしれませんね。

M先生は1年間しかお世話になっていないにもかかわらず、
息子のことをいつも気にかけて頂いておられたとのこと。
大変有り難く、本当に嬉しく思いました。


多くの人に支えられて来たんだなぁ・・・

そんなことを思う、2013年の夏の終わりの週末なのです。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

医療関連絵カード、皆様のご意見に感謝です。

2日間の「自閉症カンファレンス」において、
当法人の絵カードのお店にお立ち寄りいただいた皆様、
ありがとうございました。

そして、ブースのスペースを頂いたがじゅまる様にも、
この場をお借りしてお礼を述べたいと思います。
本当にありがとうございました。

2648.jpg

私(新保)は今回参加できませんでしたが、
現地での状況は、末吉(えっくんママ)より報告を受けております。
皆さまより、様々なご意見をいただけたことに感謝致します。

2647.jpg

当法人が「医療関連絵カード」を作成したのには、いくつか理由があります。

その中の大な目的の一つは、
親亡き後、せめて自分自身から体調の不調を訴えたり、
また、病院に行くことができるための支援ツールとして、
活用してもらえるものになることです。

そんな目的もあり、この医療関連絵カードを作成しました。

2645.jpg

自閉症カンファレンスでいただいた皆さまの貴重なご意見を参考に、
より今回の皆様のご要望にあった「医療関連絵カード」に修正いたします。
近々、必要とされる皆様のお手元にお届けできるよう、準備を進めたいと思います。

新しいカードが出来上がり次第、「一般社団法人そよ風の手紙」のホームページにて、
(もちろん、こちらのブログでも)お知らせいたしますね。

今しばらくお待ち頂けますと幸いです。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉症カンファレンスNIPPON

今週末土日で早稲田大学にて開催されている、「自閉症カンファレンスNIPPON2013」。

障がい児・者医療を考える会「がじゅまる」様のブース内に、
当法人の絵カードのお店のスペースを頂いております。

がじゅまる様、ありがとうございます!

本日もブースにて、末吉(えっくんママ)が、対応させていただいておりますので、
ぜひお立ち寄りいただけますと嬉しいです。

ご参加の皆さま、よろしくお願いいたします♪

jhskfr2013.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

カフェあんてろーぷの“ちくわパン”

以前、かわさきFM内でもご紹介させていただいた、

川崎市幸区北加瀬にあるセルプきたかせの「カフェあんてろーぷ」。

障がいを持たれてる方々が、生き生きと働かれている明るい雰囲気のカフェ&ベーカリーです。


同店舗は保育園や子育て支援センター、福祉施設と同じ建物内にあります。

実は障害者福祉サービス事業所の長尾福祉会のセルプきたかせさんには、

現在、当法人の絵カード作成でもお手伝いいただいております。


antrerope.png

さて、この店「カフェあんてろーぷ」の人気No.1は、この「ちくわパン」とのこと。

ちくわとパンの、和と洋のコラボ。

美味しいパンですよ♪

2632.jpg

平日のみの営業ですが、近所においでの際は、ぜひ御利用くださいね。


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

新聞2紙に書籍「そよ風の手紙」が掲載されました

8月19日発売の「教育家庭新聞」。
8月18日発売の「しんぶん赤旗」。

2紙の新聞に、書籍「そよ風の手紙 シングルファーザーの18年 父が息子から教わったこと」の書評とインタビュー記事をご掲載いただきました。


大変ありがたく、それぞれご掲載頂きました関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

kyouikukateinp20130819.jpg

akahata20130818.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

夏休みパステル、7日目(最終日)です!

ついに昨日(8月21日)の夏休みパステルアート教室で、7日目(最終日)になりました。

最終日は会場を川崎市宮前区に移して行いました。

今回は午前・午後通して、6組のご家族のご参加です。

それでは、皆様の作品をご紹介しますね。

【午前の部】

まずは、お母さん(右)と3歳の娘さん(左)の作品です。
最初は慣れずに泣いていた娘さん。
でも、しばらくするとお母さんに手伝ってもらいながら、一生懸命描いていました。
丸の中のハートが2人とも素敵ですね♪
希望の丘も、丘の形がとくに個性的。雲も可愛らしいです。
2640.jpg

つづいて、お母さん(右)と小1の娘さん(左)の作品です。
2人とも、淡い色遣いで、紫色が映えていますね。
希望の丘もホンワカして、くつろぎに行きたくなる丘に仕上がりました。
とてもイイですね。
2641.jpg

最後に午前の部の皆さんで集合写真をパチリ☆
皆さん、ご参加頂きありがとうございました♪
2630.jpg

【午後の部】

まずは、お父さん(左の2枚)と小6の息子さん(右の2枚)の作品です。
2時間もかけて、今回ご参加いただきました。
お母さんと赤ちゃんは見学で、お父さんと息子さんの参加です。
小6の息子さん。とても一生懸命絵を描くことに取り組まれてました。
そして生み出されたのが下の作品です。
カラフルな色遣いで、ステキです。
お父さんも一緒に描かれていました。
なんだか、父子の姿にほのぼのしました。
遠くからのご参加ありがとうございました!
2639.jpg

続いて、お母さん(上から2列目の2枚)と小6の娘さん(一番上の2枚)と6歳の息子さん(一番下の一枚)の作品です。
6歳の息子さん。前回参加したことを覚えていたのか、
座るなり自分で絵を描こうとした姿を見て、何だかこちらも嬉しくなってしまいました。
ちゃんと作品も1枚完成させてくれました。ありがとう。
娘さんの雲は、動物かな?可愛い作品です。
お母さんも新しい課題「花群」を挑戦。とても素敵な作品となっていますね♪
2638.jpg

続いて、お一人で参加された女性の作品。
とてもシンプルな感じですが、そのシンプルさに味わいがありますね。
大人の作品という感じがするステキな作品です。
2644.jpg

最後に、お母さん(左2枚)と小5の娘さん(右2枚)の作品です。
2人とも2回目の参加という事で、課題は「花群」。
これまた2人とも素敵な「花群」になりましたね♪
花が風にのって宙を飛んでいるのが、絵から伝わってきます。
とてもイイですね。
2637.jpg

最後に午後の部の皆さんと集合写真をパチリ☆
皆さん、ご参加頂きありがとうございました♪
2631.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

夏休みパステルアート教室、6日目です

昨日(8月20日)、会場を川崎市麻生区で行われた夏休みパステルアート教室。

6日目となりました。

今回は午前・午後通して、6組のご家族にご参加いただきました。

皆様の作品をご紹介しますね。


【午前の部】

まずは、お母さんと中2の息子さんと小6の娘さんの3人でご参加いただいたご家族。

一番左の2枚が息子さん、真ん中の2枚がお母さん、右の2枚が娘さんの作品です。
「丸を描こう」では、親子3人ともまったく違う色遣いですね。
息子さんの丸の中のデザインが斬新ですね。お母さんは宇宙を感じます。娘さんは広がりを感じます。
希望の丘も、それぞれステキですね。
2629.jpg

続いては、お母さん(左)と5歳の娘さん(右)の作品です。
お母さんは、中心の大きな丸の周りに8個の小さな丸が囲んでいる色とりどりのデザインです。
娘さんは、最初「楽しいー♪」と言ってくれました。グルグルと一生懸命小さな手で描いてました。
希望の丘の雲の形が可愛らしいですね~♪
2628.jpg

次は、お母さん(左)と6歳の娘さん(右)の作品です。
お母さんの丸の外には、ハートや芽生え始めた芽が見えますね。
娘さんはやはり小さな手で一生懸命描かれてました。
自分で「おもしろい絵」と言っていましたので、見てみるとなんだか顔のように見えます。
確かにおもしろいです。がんばりましたね。
2627.jpg

午前の部、最後にご紹介する作品は、
お母さん(右)と中1の息子さん(左)の作品です。
息子さんの表現力、あっぱれです!なんだか引きつけられる作品です。
お母さんの作品も、宇宙や人の心を感じます。希望の丘も強い光を感じます。
2人とも魅力的な作品です。
2626.jpg

最後に午前の部の皆さんで集合写真をパチリ☆
皆さん、ご参加頂きありがとうございました
2623.jpg


【午後の部】
続いて午後の部です。

まずはお父さん(左下)と小2の息子さん(左上と右)の作品です。
息子さんの作品。カラフルで、ほわっとしています。
イイ感じですね。右側はA4用紙に、息子さんが自由に描かれたものです。
いいですねぇ!その時に感じるそのままを表現することが大事です。
お父さんもわずかな時間の中で希望の丘を描かれました。
速攻で描いた絵には見えませんね。これもイイ感じです!
2624.jpg

最後に、お母さん(左)と高3の息子さん(右)の作品です。
お母さんも息子さんもメロディーが流れてきそうな丸ですね~♪
特に息子さんの中心の丸は立体感があり、こちらに飛び出してきそうです。
お母さんも息子さんも楽しそうに描いていたのが印象的でした。
2625.jpg

最後に午後の部の皆さんと集合写真をパチリ☆
皆さん、ご参加頂きありがとうございました♪
2622.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

新しい絵カードを企画作成中です

そよ風の手紙の絵カードのお店、アメリカの専属デザイナー Eriko Sato 。

現在海を越え、打ち合わせをしながら、

新しい絵カード(医療用)の作成に取り組んでおります。

今週末、早稲田大学内で開催される「自閉症カンファレンス2013」にて、

サンプルをご覧いただけます。

ご参加の皆様、宜しければ医療ルームのブースを覗いてみてくださいね♪





テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

我が家のお盆の風景

“大和トンネルを先頭に30kmの渋滞、小仏トンネルを・・・”

昨日は、お盆の帰省ラッシュがラジオから流れていました。


そんな中、我が家の夏休みはどこへ遠出するでもなく“普通の夏休み”。

息子も平日はいつも通り通所施設へ通い、

父は会社員時代と違い常に何らかの仕事をしています。


でも、そんな慌ただしい時間の中で、ちょっとしたことでも幸せを感じてます。

昨年には無かった、当たり前のように流れる、息子と過ごす毎日の時間。

こんな風にスイカを食べる団らんの時間をかみしめてます。(笑)
2619.jpg

さて、この1週間、昼間はパステル教室とオフィス内の断捨離三昧。

このゴミ袋の山は、断捨離第3弾です!

今日もまだまだ行きますよ~。

2620.jpg

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

第4回ママサポート開催のお知らせ (9/7:川崎市多摩区)

第4回 ママサポート開催のお知らせ

                      一般社団法人 そよ風の手紙 主催

         mamasuport_banner.jpg


 ママサポートは、発達に遅れのあるお子様のママたちが気軽に集まることができる会です。ママたちは、日々の忙しい生活の中、悩みや不安を抱えながら過ごされていることと思います。時として、子どもから離れる時間も必要かと思われます。そんな同じような悩みをもつ方同士が集まって情報交換や日頃のストレスを発散したり、
リフレッシュして笑顔でお子様やご家族の方々と接してくださることを目的としております。ママがハッピーであることは、子どももハッピーでいることができる第一歩です。どなたでも、気軽に参加でき、ママが少しでも笑顔になっていただくことをお手伝いするのが、当法人のママサポートです。

 ママサポートではいろいろなお話をします。子どものこと、家族、学校、支援サービス、身辺自立や食事、外出時のエピソードなどさまざまな話題がでます。時にはサポートブック作りや、楽しくスクラップブックなどを一緒に作成する楽しみなどもあります。

末吉景子 14歳の重度自閉症を伴う息子(えっくん)の母。えっくんが3歳の時アメリカに渡米し早期療育を受け、それを日本に伝えたいと、ブログ 「HOME SWEET HOME」と「カリフォルニアからの便り」を開設。2009年には著書 「えっくんと自閉症」をグラフ社から出版。2010年にはシングルマザーとしてえっくんとともに日本へ帰国。その後、絵カードのお店の経営や発達障がいの早期療育に携わるセラピストの仕事をしている。このたび一般社団法人そよ風の手紙の副代表として、同じ悩みを持つママたちへのサポート、絵カードのお店、そしてパステルアート教室を開いている。

【日時】2013年9月7日(土)

【時間】13時~受付、13時30分~16時30分まで

【場所】多摩市民館 川崎市多摩区登戸1775-1

【アクセス】小田急線向ヶ丘遊園駅北口下車徒歩5分 

【参加費用】 1000円 

  申し込み人数が定員(15名)になり次第締め切りとさせていただきます。

 ママサポートではママのみのご参加をご協力いただいております。

【お申込み】メールアドレス mama-support@soyokazenotegami.com

上記メールに、お名前、お電話番号、ママサポート参加希望と記載の上お申込みください。


当日お会いできることを心よりお待ちしております。

                
         tamasiminkanaccs.jpg

http://soyokazenotegami.com/mamasupport.html


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

夏休みパステルアート教室、5日目です♪

昨日(8月16日)、会場を川崎市麻生区に変更し行われた夏休みパステルアート教室。

5日目となりました。

今回は午後のみ、3組のご家族にご参加いただきました。

それぞれの皆様の作品をご紹介しますね。


まずは、ご両親と小2と3歳の男の子の4人でご参加いただいたご家族の作品です。

上の4枚が「丸を描こう」、下の4枚が「希望の丘」です。

まず「丸を描こう」では、上の左がお母さん、右がお父さんの作品。
同じ丸でも色使いによってイメージがだいぶ変わることがわかりますよね。
お二人とも丸が絵の中から飛び出してきそうなイメージですね。
さて、その下の左側が3歳の男の子、右側が小2の男の子の作品。
一生懸命に描いてますね。
なかなか席に座ることができないながらも、時々戻ってきて自分でしっかり描かれていました。
これでもいいのです。
味のある作品に仕上がっていますね。がんばりましたね。
その下の4枚も同じ配列でご家族の作品です。
皆それぞれに微妙に違いますね。
どの作品も素敵です。
2617.jpg

続いては、お母さんと小1の男の子の作品です。
左の2枚がお母さん、右の2枚が息子さんです。
時々席を離れてしまい、マイペースで部屋の中を移動していた息子さん。
でも、ママが名前を呼ぶと戻ってきて、絵を描き始めました。
頑張って描いていました。素敵な作品が出来上がりましたね♪
2616.jpg

最後は、お母さんと高3の息子さんの作品です。
左側に2枚がお母さん、右側の2枚が息子さんの作品。
親子で色使いが違う絵をお描きになられています。
息子さんは終始にこやかに楽しそうに絵を描かれていました。
こちらまで楽しい気持ちになりましたよ~!
お母さんも息子さんもカッコイイ作品が出来上がりましたね。
特に息子さんは絵を楽しんで頂けていたら嬉しいです。
2615.jpg

最後は、皆揃って記念撮影です。

2618.jpg

みなさんお暑い中ご参加いただき、ありがとうございました!

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

元気が出るジョギングコース

8月16日早朝。

今日も汗ビッチョリになって、真夏の街を走ってきました!

130816jg2.jpg


早朝ジョギングを毎朝する中で、とても元気になるコースがあります。

それは、地元の小学校の壁。

130816jg.jpg

壁全体に貼られた生徒が描いた絵。

「元気にあいさつ」や「おはよう」をテーマに描いた絵の数々。

なんだかこの横をジョギングしていると元気が出てきます。

aisatu130816.jpg

いいですね~。

やっぱり、あいさつは基本だと感じます。

今日も一日、元気にいきましょう!


オフィス断捨離中!

4月2日に法人を立ち上げてから、4か月。

なかなか手に付かなかった法人オフィスの片づけを、

ようやくこのお盆期間で決行しています。

スッキリするとまるで風の流れも違う気がして、気持ちいいです。


よし、今日も1日“断捨離”やりまっせ!

2614.jpg

夏休みパステルアート教室、4日目です

昨日(8月13日)、会場を川崎市多摩区に変更し行われた夏休みパステルアート教室。

4日目となりました。

今回は午前・午後あわせて、4組のご家族にご参加いただきました。

それぞれの皆様の作品をご紹介しますね。


【午前の部】

午前は、お母さんと3歳の女の子、お母さんと小3の男の子、お母さんと18歳の娘さんの3組のご家族にご参加いただきました。


まずは、参加最年少の3歳の女の子とお母さんの作品です。
左側が3歳の女の子の作品。右側がお母さんお作品です。
すごいでしょ!?一生懸命小さな手で描いていましたよ。
雲の形もまん丸。おいしそう!
よくできました!
2612.jpg

続いて、小3の男の子とお母さんの作品です。
左側が小3の男の子の作品。右側がお母さんの作品です。
泡のデザインも取り入れられています。
ステキですね~。
2613.jpg

こちらは、18歳の娘さんとお母さんの作品です。
お嬢さんが左側です。
濃い色でしっかりと描かれていて、とても印象的な作品になっていますね。
お母さんの作品は花を取り入れての、オリジナルの作品になっておりますね。
鼻歌を口づさまれながらも、可愛らしいくじら雲を描かれていたお嬢さんなのでした。
2611.jpg

午前の部の皆さんでハイポーズ☆
2609.jpg


【午後の部】

午後は、お母さんと2人の6歳の男の子の1組のみのご家族の貸し切りでのご参加でした。

真ん中の2枚がお母さん、両サイドが2人の息子さんの作品です。
以前に一度ご参加いただいたこともあり、入ってきてすぐに絵を描き始めてくれた2人の男の子。
もう手なれたものです。
ご覧のように写真両サイドの素敵な作品が出来上がりました!
一枚描いたら満足で、そのあとはもうとても元気な二人なのでした。
お母さんも、本当にパステルを楽しまれて、新しい絵「花群」にも挑戦されました。
とても素敵な色遣いですね。
2610.jpg

最後に、集合写真でみんなでパチリ。
2608.jpg



ご参加いただいたみなさん、よろしければまたご参加くださいね~♪


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

夏休みパステルアート教室(3日目です!)

昨日(8月12日)川崎市幸区で行われた夏休みパステルアート教室で3日目となりました。

今回は午前・午後あわせて、5組のご家族にご参加いただきました。

それぞれの皆様の作品をご紹介しますね。


【午前の部】

午前は、お母さんと5歳の女の子、お母さんと小6の男の子の2組のご家族にご参加いただきました。

まずは、お母さんと5歳の女の子の作品がこちらです。
“丸を描く”では、お母さんは左上、お嬢さんは右上のの作品が出来上がりました。
お母さんはブルーをベースにした涼しげな作品。自らのアイデアで、リング状に描かれています。
お嬢さんはいろいろな色を使い、一生懸命描かれていました。
とても楽しそうに、笑いながら描いていたのがとても印象的で、可愛らしかったです。
「希望の丘」も、雲の形がとても印象的なお二人。
お二人とも、とても素敵な作品です。
20130812pstl1.jpg

続いて、お母さんと小6の男の子の親子。
何と、パステルを気に入っていただき、二回目のご参加となりました。
左上が息子さんの作品。
とても力強く、躍動感あふれる作品ですね。
右側と下がお母さん。
新しい作品「花群」(右上)も、この通り。とても素敵な作品に仕上がっております。
下の作品は、オリジナルで、母と子の姿の愛情あふれる作品です。
二回目でここまで描かれるとは、素晴らしいです。
20130812pstl2.jpg

最後は記念撮影。午前の部の皆さん、どうもありがとうございました。

          2607.jpg


【午後の部】

さて続いて午後の部です。

午後の部は、3組の家族にご参加いただきました。

では作品をご紹介いたしますね。

まずは、お父さんとお母さん、小6女の子と小3の男の子の4人家族の作品です。
左上とその下の作品がお母さん。真ん中とその下がお父さん。右上とその下がお嬢さん。
そして、一番下が息子さんの作品です。
ご家族それぞれに個性のある色で、丸を描いかれています。
息子さんは、なかなか絵を描かなかったのですが、それでもパステルを持って顔のような作品を描いてくれました。
大丈夫、これも素敵な作品ですよ。
皆さん夏の思い出をお持ち帰りいただきました♪
20130812pstl3.jpg

こちらは、19歳の男性とお母さんの作品。
一番左の2枚がお母さんの作品。
そのほかはすべて、息子さんの作品です。
息子さんは絵が好きなのか、たくさんの絵を描いてくれました。
とても嬉しそうでしたョ♪
お母さんも、ご自身で楽しまれていた様子。
お二人とも素敵な作品ができましたね。
20130812pstl4.jpg

こちらは、小1の男の子とお母さんの作品。
パステルはお母さんで、息子さんはパステルでなくホワイトボードに絵を描いてくれました。
大丈夫です。
パステルでなくても、何か楽しめるものをこの時間内に見つけてもらえることが大切なことです。
20130812pstl5.jpg

最後に、午後の部の皆さんと記念撮影です。

    2606.jpg


みなさん、ありがとうございました!

またよろしければご参加くださいね。


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

最近息子がハマっていること

消した状態のTVの中を、じっ~っと見つめている息子。

鏡と違って、ぼんやりと映る自分の姿。

最近は、目をまん丸にして、この姿を見ることにハマっております。

TVだけでなく、電子レンジや、外が暗くなった時の窓ガラスでも、

映しだされる自分の姿に、同じことをしてたりします。


いろいろな表情で見ているので、きっと面白いんだろうなぁ。。。(笑)





書籍「そよ風の手紙」の書評3件で掲載

7月20日の「十勝毎日新聞」。
8月1日発売の、農協系の雑誌「家の光」。
8月10日発売のシニアの女性向けの雑誌「いきいき」。

に書籍「そよ風の手紙 シングルファーザーの18年 父が息子から教わったこと」の書評をご掲載いただきました。


大変ありがたく、それぞれご掲載頂きました関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。


130720tokachimainichinp.jpg

ienohikari.jpg

ikiiki201309.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

夏休みパステルアート教室(2日目です!)

8月9日、夏休みパステルアート教室2日目です。

第2回開催地も、川崎市幸区。

今回は3組の方にご参加いただきました。

それぞれの作品をご紹介しますね。

お母さんと高校2年生の女の子の作品。
「丸を描く」では、最初ブルー系の色を中心に塗られていた女の子。
途中から、紫から赤系も選んで色を塗られておりました。(右上)
なんともブルーをベースとした、涼しげで素敵な作品です。
逆にお母さんは、淡いクリーム色をベースとした作品になりました。
親子それぞれの個性が出た作品ですね♪
希望の丘でも、親子それぞれの個性が出ていますね。
丘の形も、雲の形も、親子でも全く違うものです。
それぞれステキな作品ですね~♪



次に、お母さんと小学3年生の男の子の作品。
こちらの親子は、色使いがとても似ていますね。
丸も様々な色を使われています。
カラフルな作品となりました!good!
丘の形も雲の形も似てますね~。
薄めの色がなんともフワッとして、いい感じですねぇ。
2604.jpg

最後に、お一人で参加された女性の作品。
丸もとても個性的。丸だけでなく、四角も取り入れて、色使いも赤と青のコントラスト。
いいですねぇ~!
希望の丘も、力強い感じの絵になりました。
       2603.jpg

やっぱり、絵に正解はなく、どの絵もステキです!
一生懸命、描いている姿を見ていると、教えているこちらのほうが嬉しくなります。

最後にみなさんで記念撮影です。

ご参加頂いたみなさんが、楽しんでいただけていたら嬉しいです。
お暑い中、足をお運びいただき、ありがとうございました♪
         2602.jpg



テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

夏休みパステルアート教室(1日目)

昨日(8月8日)から、夏休みパステルアート教室がスタートしました。

第一回開催地は、川崎市幸区。

お父さんと中学1年生の男の子、そしてお母さんと小学6年生の2組の親子にご参加いただきました。

お父さん(左上)と息子さん(左下)の作品。
お父さんはパステル初挑戦。でも、丸の中に濃淡をつけて立体感が出ていますね。スバラシイ!
電車が好きな息子さん。作品はどうやらみなとみらい線の電車のマーク名のようですね♪
描きたいと思う、好きなものを描くのが一番。
2人とも素敵な作品ですね~。

お母さん(右上)と息子さん(右下)の作品。
お母さんの作品の真ん中あたりにハートが見えますね。
柔らかいタッチで素敵な作品ですね。
また息子さんの作品は、なかなか独特な色遣いで、独創性がありイイ感じ。
宇宙をイメージしているようで、カッコいい作品です♪

2600.jpg

時間が押してしまい、あわてて描いた2作品目。
希望の丘という作品ですが、結局この作品は、親御さんのみになってしまいました。
でも、絵は時間的な問題を感じさせませんね。いいですね!
写真の下の作品は、パステルアートではないのですが、お子様が電車を描いてくれました。
いや~、これもステキだなぁ。。。

2599.jpg

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
世界で1枚のステキな作品をお持ち帰りくださいね~♪

2598.jpg


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉症カンファレンスNIPPON2013

「自閉症カンファレンスNIPPON2013」。

国内最大、最高の自閉症(ASD)支援のための専門会議と言われ、今年で12年目を迎えます。

今年は、8 月24 日(土)~25 日(日)早稲田大学 早稲田キャンパスにて行われます。

http://www.asahi-welfare.or.jp/news/pdf/20130824_jiheisho_conference.pdf


今年は、一般社団法人そよ風の手紙の絵カード部門も、ブースの中で参加の予定です。

当日ご参加の方で、当法人の絵カードを見かけられ方は、ぜひ声をおかけくださいね。

P101093100000.jpg


初めての給料

息子が毎日通う通所施設。

7月末、息子が生まれて初めて給与が支給された。


確かに金額は少ないかもしれない。

でも、息子にとっては生まれて初めて、自分の手で受け取った給与。

金額云々より、そのこと自体が、父は嬉しいです。


息子よ、このお金は、純粋に君のお金だよ。

とりあえず、君の通帳に貯金しておくね。

2595.jpg


夏休みパステルアート教室の空き状況です

8月8日(木)~8月21日(水)まで開催する、夏休みパステルアート教室。

下の表は、8月6日午前6時時点での状況ですが、まだ若干空いている回があります。

今回は夏休みのため、一組のみであっても必ず開催いたします。

よろしければ、お申し込みくださいね。

pastelsummerz.jpg

8月6日午前6時現在の空き状況です。


(川崎市幸区にて開催:最寄り駅JR新川崎駅)

8月8日(木)午前 残1組、8月8日(木)午後 残3組、
8月12日(月)午前 残2組、8月12日(月)午後 残1組、


(川崎市多摩区にて開催:最寄り駅小田急線向ヶ丘遊園駅)

8月13日(木)午後 残2組


(川崎市麻生区にて開催:最寄り駅小田急線鶴川駅)

8月20日(火)午後 残1組、8月21日(木)午前 残1組、


お申し込みの詳細は、こちらをご覧くださいね。↓
http://soyokazenotegami.com/2013summerpastel.html

皆さま、お待ちしております♪

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

そよ風親子が結構好きな場所

週末。

いつものように、「ドライブぅ~!」の息子からの要求。

交通情報は、渋滞だらけ。

こんな日は、遠出はしません。


近場の東京の湾岸地域の公園に、車を走らせました。


この公園は、羽田空港の滑走路コースの延長上の下にあるので、

飛行機を身近に見ることができます。

この日も、風向きの関係で、ちょうど着陸するため公園上空を低空飛行。

こんなに近くで飛行機を真下から見ることができるのですよ!





ここへは息子が小さい頃から、親子で、結構ふらっと来ていました。

海辺で、ちょっとした砂浜もあり、結構お気に入りの場所です。


でも、飛行機のエンジン音が慣れるまで、ちょっと苦手。

でも表情を見ると、耳を塞ぎながらもニコニコしていた息子なのです。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

本日8/4(日)11:00から、かわさきFMに登場します!

本日は、8月第一週の日曜日。

そうです!
第1週の日曜日と言えば、ラジオのかわさきFM(79.1MHz)にて「自閉症ニュース」のコーナーが放送される日です!

「Dream Kingdom ★堀川ひとみの「うたの国から」」。
第1・第3日曜、午前11:00からの30分番組です。
その第1週の番組内で私は、別名“そよちゃん”にて、自閉症をはじめとする発達障がいの情報や、地元川崎の情報を発信させていただいております。
いつも思いますが、公の電波である地元FM放送内でこのような発信の場をいただけることは、とてもありがたいことです。
私の登場日は毎月第1週目ということで、8月は本日8月4日の日曜日です
月一回、第一日曜日に、放送開始間もない番組前半で3分ほど登場しております。
(ちなみに私の部分は録音です。スタジオに見学に来てもおりません。)
放送は、同時刻の生放送を全国どこでもインターネット(サイマルラジオ)で聴くこともできます
サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp

堀川ひとみさんは、アスペルガー症候群の発達障がいを持つ、シンガーソングライターです。
堀川ひとみさんの軽快なトークと、ひとみさん自身の音楽を聴くことができる、明るく楽しい番組です。

timescd


ちなみに、今回の自閉症ニュースも、そよちゃんは外部に飛び出し、インタビューレポートをしています。

インタビューのお相手は、8月18日に開催されるイベント、「チョイワルナイトvol.4-音楽と福祉をつなぐ―」を企画、出演するTOMOYAさん。

ご興味のある方は、是非お聴きくださいね♪

2579.jpg




テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ