プロフィール

ウェブマスター:              一般社団法人そよ風の手紙                            代表理事 新保浩

新保 浩

FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カーボローディング仕上です

ようやく、今日からカーボローディングの最後の仕上げに入ります。

今日から日曜日のマラソン大会前までの3日間、炭水化物中心の食事です。

グリコーゲンをしっかり溜め、42km走るエネルギーをしっかり作ります。

11日ぶりの白いごはん。

日本人でよかった~♪(笑)



今日は、母の病院通院、法務局での手続、福祉事業所訪問等々目白押し。


今日も笑顔の一日にしま~す。(^^)

来年の手帳を買いました

今年もあと2ヶ月。

書店や文具店では来年(2014年)の手帳がズラッと並んでいます。

(またこの季節が来た。早いなぁ・・・。)と思いながら購入しました。

デジタル時代になっても、やっぱりアナログの手帳は自分にとっては必需品。

私の場合、手帳の種類を変えず、毎年同じものを購入しています。

この手帳にしてから、たぶん7・8年ぐらいになります。


毎年新しい手帳を買う11月頃、その前年には考えられない予定が書き込まれていることに気づきます。

すでに2014年も、一年前の自分が見たら驚くような予定が目白押し。

書き込まれることを待っている状態です。


まだ2ヶ月ある2013年の手帳も、来年に向けた準備を含めビッチリ埋まっています。

ありがたいことです。


2014年の新しい手帳にも、

たくさんのステキな予定が書き込まれますように・・・。




かわさき第22回自閉症児・者作品展

今週金曜日夕方6:30から、かわさきFM(79.1MHz)にて放送される「堀川ひとみのうたの国から」。

昨日、その中のコーナー「自閉症ニュース」のインタビューをしてきました。


今回は、かわさき第22回自閉症児・者作品展を主催する

川崎市自閉症協会のご担当者へのインタビューです。

よろしければ、金曜日の放送をお聴きくださいね♪
(サイマルラジオで、放送同時刻にパソコンから聴くことが可能です)

ちなみに作品展の開催は、11月11日(月)~15日(金)午前10時から午後3時。

川崎市の多摩区民館1Fアトリウム(無料)です。

よろしければ、お近くの方、お立ち寄りください。



早朝の日産スタジアム

早朝の日産スタジアム。

我が家から約10kmほどの距離。

ここが最近、自分の中で早朝ランの折り返し点になってます。

ここにたどり着くころは、朝のオレンジ色の日射しが、ありとあらゆるものを照らし、

街が目覚め始めます。

何とも言えない充実感を、全身で感じる瞬間です。




毎年必ずエントリーしている「湘南国際マラソン」まであと1週間。

今年は早朝というスキマ時間で、やるだけのことはやってきました。

あとは、当日まで調整です。


生活環境は変わっても、“自分越え”をできることを、

自分に対し証明したいですね♪

陰で支える力

空を見上げていたら、高圧電線が見えた。

そこに見えたちょっとだけ違和感のある風景。

高圧電線に豆粒のように何か着いている?

よく見ると・・・・人だ!

作業をしているんだ。。。



上から見たら、きっと想像もできないくらいの高さなんだろうな・・・。

仕事とはいえ、“ご苦労様です”と言いたくなる。

kousyodensensagyou1.jpg

このような陰で支える人がいるからこそ、安心した暮らしができていたりする。

当たり前のように順調に動いていると、人はつい、そのことを忘れてしまう。

光が当たる人の後ろには、たくさんの見えない陰で支える力があったりする。



それは、どの世界でも同じだと思う。

陰で支える人たちを、ないがしろにした時、その組織はうまくいかなくなる。

また陰で支える人たちが、いい加減でも、その組織は崩れてゆく。


様々な経験をして、また少し離れた場所からは、

より鳥瞰的にそれが見えてきたりするのだ。

カーボローディング実践中

ちょっと早いのですが、来週の湘南国際マラソンに向けて、

月曜日からカーボローディング(グリコーゲンをためるための栄養摂取法)を始めています。

毎年、湘南国際マラソンの前はいつも行なっています。


本当は、ちゃんとした方法があると思いますが、あくまでも自己流。

いわゆる“自己流カーボローディング”です。

来週、水曜日までは炭水化物をほとんど摂取しない食事。

そのあとは、大会当日まで炭水化物中心食に切り替えます。

rain.png

さきほど早朝の街を、雨が少し落ち着く中、10kmほど走ってきました。

炭水化物を摂らないと、やっぱり持久力の点でキツイ・・・。

食事はやっぱり、身体の元気のもとだと感じてます。



さて、これから熟睡中の息子を起こして、

息子との週末時間を、ドライブをしながらゆっくりと満喫してきますね~♪

副代表の末吉景子が11/10(日)横須賀で講演をします

弊法人副代表のえっくんママこと末吉景子が、
11/10(日)に横須賀にて講演をすることとなりました。

この場をお借りし、お知らせいたします。


『あったかハート交流会』
(ともしび運動推進事業 平成25年度障害者週間キャンペーンYOKOSUKA)

【日時】平成25年11月10日(日)13:30~15:30

【場所】横須賀市総合福祉会館5階ホール
    (京浜急行汐入駅徒歩5分)

【内容】1)障害を持っていられる方の立場から(60分)
      ~僕の取り柄は、目が見えなくて、盲導犬がいることです~
      僕の取り柄と盲導犬

      栗山龍太&ダイアン(ギターを弾きながらのお話です)

    2)支える立場から(45分)

      ~知的障がい、自閉症を伴う息子とともに生きる~
      障がいのある子を持つということ

      末吉景子



【参加費】無料

【主催】横須賀市ボランティア連絡協議会 
  

    
20131110yokosuka.png

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

「週刊アスキー」にインタビュー記事が掲載されました!

昨日発売の週刊アスキー(11月5日号)に、著書「そよ風の手紙」と

私のインタビューの記事が、P56~P59の4ページに渡り掲載されています。


掲載されているのは「時代を駆けるキーパーソンたちに訊く!」というコーナーです。

週刊アスキー様からは、9月末に取材をいただき、今回の掲載に至りました。


2716.jpg

インタビュアーはフリーキャスターの進藤晶子さん。

進藤さんのさすがプロというインタビューに、

和やかな雰囲気の中、たくさんのお話をすることができました。

2715.jpg

私は昨日、週刊アスキーを購入し、拝読いたしました。

記事は、私の言いたいことを的確に、かつ、とても素敵にまとめていただいております。

ありがたいことです。


もともと、「そよ風の手紙」は、誰もが持つ親子の愛や、

皆さんが持っているはずなのに、忙しい毎日の中に埋もれてしまい、

ついつい忘れかけている大切なものなどを思い出してもらえたら。

読者の心の中に、心地よいそよ風を吹かせたい。

そんな気持を込めた本です。

自閉症の関わりのある方だけでなく、
一般の読者の方々にもきっと、何かを感じていただける本だと思っています。


そして“自閉症”のサブタイトルの入った同書が、この様な一般向けの雑誌(それもコンピューター系の専門誌という接点としては遠く見える場所)にてご紹介いただけること。

このこと自体が、とても意味のあることだと私は感じています。


ご掲載いただいた週刊アスキーさん、インタビュアーの進藤晶子さん、そして関係者の皆さんに心から感謝致します。

本当にありがとうございました。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

12月1日(日)、絵カードの使い方セミナーを開催します

絵カードを使ってのコミュニケーション

(自閉症またはコミュニケーションが苦手な子のための絵カードを使って伝える方法を学んでみませんか?)

●平成25年12月1日(日)午後1時半~4時 (受付1時~)
●会場 川崎市多摩区 多摩市民館 第一会議室
川崎市多摩区登戸1775-1
     小田急線向ヶ丘遊園駅北口下車徒歩5分
●参加費用 2000円
●内容 講師 末吉景子
●主催 一般社団法人 そよ風の手紙 

【末吉景子(すえよしけいこ)】
15歳の息子えっくんの母。息子が2歳半のときに重度自閉症と診断され、1年後に療育のため渡米し、息子の療育を受けながら、ABAやPRTなどのペアレントトレーニングを数年に渡り受ける。アメリカでPECSセミナーのベイシックコース、アドバンスコースを受講。絵カードを使って息子のコミュニケーションに成功し、要求がふえ、伝わる喜びから癇癪が減る。
現在、ABAセラピストとして個別指導にあたり、絵カードを用いてコミュニケーションを図る指導も取り入れている。
2013年4月から一般社団法人そよ風の手紙の副代表としてリニューアルした「絵カードのお店」を経営。また「ママサポート」として日頃大変なママたちへの話し合いの場を定期的に開いている。

◆お申し込み方法(メールまたはFAXにて)

メール postmaster@soyokazenotegami.com
  
FAX 044-599-5568 

お名前・ご住所・電話番号

をご記入の上ご送信下さい。
   
※ お申込みは11月25日までにお願いいたします
※ 定員になり次第締め切らせていただきます




テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

月刊誌「やくしん」にインタビュー記事が掲載されました

「やくしん」という月刊誌の編集部の方から、8月にインタビューのご依頼を頂きました。

会員誌ということで、私は会員ではないので、この月刊誌ことを全く存じ上げなかったのですが、

“福祉活動やボランティア活動などの社会貢献活動を通しての、

いのちの大切さ、生きることの素晴らしさをお伝えする企画”ということで、

私のような者でもよろしければと、インタビューをお受けしました。


その「やくしん」2013年11月号に3ページにわたり、

インタビュー記事をご掲載いただきました。





ご掲載頂きました関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

そして自分は5歳になった

5年前の今日。

2008年10月20日早朝、その事故は起こりました。

早朝RUNを終えて、いつもの場所で、いつものように座っていたら、

きっと自分は、5年前のこの日にいなくなっていたことでしょう。


でも何の力なのか、自分はその日だけ、その場所には座らず、違う道を選んだのです。

それはいつものパターンから外れたこと。

それは、まず限りなく100%に近く有り得ない、初めてのことでした。

なぜその日だけパターンを変更したのか、理由は全く覚えていません。

でも、その有り得ない確率のその日・その時間に、

車は自分がいつも休憩するその場所にブレーキをかけることなく、猛スピードで突っ込んだのです。

2713.jpg


だから今日は自分の中では、もう一つの誕生日。

今日で5歳になりました。


あの日から、何だか“がむしゃらに生きてきた自分”がいます。

それはきっと、何の理由かは分かりませんが、生かされたと感じたからです。


人生に“たら・れば”はもちろん無いけれど、

あの日、無くなるはずだった、自分の存在。

であれば、今ここにいること自体が奇跡なのだ。

もう、恐いものは無い。

生かされた命を、思い切り多くの人のために生かしたい。


5年前に再び生まれた自分が、

5年経った今でも、心の奥で今も変わらずそう叫ぶのです。

市長選挙にも、あまちゃん効果?

川崎市内の歩道橋に、市長選挙の横断幕がかけられていた。

よく見ると、左端に白塗りのレスラーの様な風貌の写真。

今回のイメージキャラクターはだれ?



街中のポスターで確認すると、なんと、鉄拳さんではありませんか!

数年前まで、誰が鉄拳さんがイメージキャラクターになると想像したことでしょう。

これも“あまちゃん効果”ですね、きっと。

風貌は別として、彼の描く絵はとても味のある絵ですからね~♪

それにしても、インパクトは十分です。

kasasakishicyousen.jpg

自分へのご褒美

iPod nano。

早朝ランの必需品。


朝のランニングは、音楽を聴きながら走っています。

しかし、このところバッテリーの持ちがかなり落ちてしまい、

Nike+もうまく作動しなくなったこともあり、

3年ぶりに買い替えるととしました。

2711.jpg


これからは、第5世代(右)から、第7世代(左)へ。

小型になって、Nike+ のレシーバーも不要!

早朝ランニングもすごく楽しくなります♪



自分へのご褒美。

たまにはイイよね・・・。^^;


空を見上げる

台風が過ぎ去る

それまでの暴風雨が嘘のように

青い空が白い雲の間からのぞく



数時間前の空も

今の空も

同じ空

雲の下で起きているだけのこと

雲の上は、いつもと変わっていなかったことに気づかされる



そんな空を見上げていると

人間はなんてちっぽけな存在なのかと思う

この自然に比べたら

一人の力では何もできない


けれどそんな存在だからこそ

力を、思いを、一つにしたときには

不可能も可能にする無限大のものになったりする


自然を永遠に超えることは

これからもきっとできないけれど

今この自然の中に生かされている奇跡に感謝したい



そう

今、自分ができることを精一杯やればいい

所詮ちっぽけな存在なのだから

ありのままの存在でいていいのだ



雲の隙間から

まぶしいぐらいの深い色の青空が

ちっぽけな僕を見下ろしていた





「通販生活」に書評が掲載されました

10月15日発売の「通販生活2013秋冬号」P185に、

書籍「そよ風の手紙 シングルファーザーの18年 父が息子から教わったこと」の書評をご掲載いただきました。


大変ありがたく、ご掲載頂きました関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。



tsuuhanseikatusyohyou(1).jpg



テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

3連休、何をしたわけではないけれど

10月の3連休。

何をしたわけではないけれど、

特別どこかへ出かけたわけでもないけれど、

近くの土手に行き、

息子と過ごすこの時間は、

なんて素敵で贅沢な時間なんだろう。


川の流れ、秋の空、そよ風、

そしてすっかり大きくなった息子の背中。

我々の3連休は、ゆったりとした時間として過ぎて行った。


何気ない時間こそ幸せな時間だと感じた。




テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

シューズ新旧交代

今まで、毎朝の早朝ジョギング、数々のマラソン大会、トライアスロンでお世話になりました。

計算していないけれど、このアディダスのシューズで何千キロ走ったのでしょう。

2年間、僕の過酷な走りに付き合ってくれてありがとう。

これからはナイキのシューズがバトンタッチします。


11月初めの湘南国際マラソンは、

このフロンターレ色のシューズが大地を蹴ります。



僕の自分越えに力を貸してください。よろしく!

家族の笑顔を運ぶ車

この車、介護タクシーではありません。

我が家の自家用車です。




昨日も、いつものように車いすのまま、母の病院へ送り迎えをしました。

我が家にとってこの車は、なくてはならない存在になっています。

杖歩行も困難で、車いすでないと移動できなくなった母。

ですので、この車は、場所の移動だけでなく外出しストレスも解消してくれる大切な手段です。

今や、単なる“車”ではなく“心の薬”にもなっているかもしれません。


これからも、家族の笑顔を運んでくださいね。

頼みますよ、フリードくん!

息子、ディズニーランドへ・・・

昨日、息子の通所施設ではディズニーランドへの外出企画がありました。


小さいころから、結構ディズニーランドへは親子で一緒に行っていたのですが、

ここ数年は、イワイワ星人になり固まって歩かなくなってしまうことが多く、遠ざかっていました。

ですので彼にとっても、久しぶりの場所です。


前日から、「明日はディズニーランドだよ」の言葉がけと、

ミッキーマウスのキャラクターの絵を見せていました。

すると、私の顔を見てニッコリ(^^)。


(あ~、やっぱりわかっているんだな・・・)

そんな、再確認もできたりしました。


息子が乗ることのできるアトラクションは限られているし、

イワイワ星人が出現して楽しめないかもなぁ・・・と思っていたら、

「イッツ・ア・スモールワールド」「ウェスタンリバー鉄道」は外さず、

乗って帰ってきた様子。


きっと楽しかったんだろうな~。

よかったね♪





九段の東京法務局へ行ってきました

昨日、東京の九段にある東京法務局へ行ってきました。


法人の仕事とは離れ、個人的に一人の社会福祉士としての手続き。

ある知的障がいをもつ方の成年後見をスタートさせるための、

後見人としての登記事項証明書を交付を受けるためです。


kudan.jpg

会社員時代には、その責任の重さから、なかなか踏ん切りがつかなかった成年後見人の仕事。

いよいよ、本格的にスタートします。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

我が家の朝の風景

15km早朝ランを終え、シャワーをして、

父と母の様々な介助をして、

朝ごはんの支度をして、洗濯を干して、


そして、息子の部屋を覗くと

・・・熟睡中(^^;)

息子をこのあと、起こした瞬間から、通所施設の送り出しまでの時間は、

我が家は、まさにバタバタの状態になります。


2705.jpg


これが我が家の一日の始まりです。

よ~し、今日も一日頑張るぞ!!

子どもたちがつなげてくれた出会い

週末、関西に引っ越してしまう友人家族の送別会を、ささやかながら開きました。


2010年、私は横須賀で講演をさせていただく機会がありました。

講演後、「是非、息子の通う特別支援学校の父親教室で、お話をしていただけませんか!」

そのようなお話を頂いたのが、その後家族ぐるみのお付き合いになるTさんでした。

そして、三浦にあるK特別支援学校にて2011年2月に父親教室でお話させていただくことになります。

幼稚部から小学部6年生の保護者のすべての学年の方が参加するという会になりました。

後で聞いたところ、このような全学年の親御さんが集まることは稀であったそうです。

ありがたいお話です。


そして、Run4uの立ち上げの際には、御家族もお誘いしました。

初めてのKaienさんで行なわれた、kick off会合にもTさんにご参加いただいたことを思い出します。


当法人の副代表とTさんの奥さんとは、その後Run4uを通して知り合い、

息子さんの療育でもつながるようになりました。


様々な点で多くのつながりを持つことができたTさん。

でもこのつながりをくれたのは、実は子どもたちなんですよね。

この歳になると、より感じることですが、

本当に人と人の出会いは、何か一つずれたら出会うことができなかったりします。

偶然のようで、でも会うべき人とは、必ず会う。

不思議です。


Tさん、引っ越されてしまい、距離は遠くなりますが、

ご家族のこと、いつでも応援していますよ!


2704.jpg


2698.jpg
2699.jpg



ママサポの皆さんの笑顔、そしてサプライズ!

昨日川崎市多摩区で行われた、第5回ママサポート。

初参加の方も数名おられる中、和やかで明るい雰囲気の中行なわれました。

2700.jpg

今回は趣向を変え「ハロウィンキャンディーのラッピング」を織りまぜてのママサポ。

お子さんのお話をしたり、情報交換するだけでなく、楽しみながらお話をするというスタイルです。

こういう会もなかなか無いようで、ママたちからは結構好評。

そよ風の手紙らしいママサポになりました。

2702.jpg

やはりいつも思うのが、

ママたちの表情が、始まりと終了時では全然違うこと。

本当にこの姿を見るたびに、続けて良かったと思える瞬間を味わいます。




そして、サプライズ!

こちらをご覧ください。

     ↓
2701.jpg

そう、手作りティラミスの差し入れがありました!

これがまた、おいしい!!(私も後ほどいただきました。)

差し入れ主は、以前ブログで当法人事務所にご訪問いただきご紹介した、川崎の若手お父さんのOさん

彼は、ブログを運営されており、毎日の様に自ら息子さんと自分の弁当を作り、掲載されています。

そのブログは、こちらです。
     

川崎のシングルパパ、自閉症息子のQOL向上に挑む!


お子さんに対する愛情あふれる姿や、人に対する丁寧な対応や、心遣いのある方です。

また現在、地域に根差した活動のNPOを立ち上げで中心となり動かれています。

実は、ママサポの中で、かなり話題になっているモテモテお父さんなのです。

naotosan.jpg



「また、ママサポにサプライズで持ってきてくれるかも!」

図々しくも、副代表のえっくんママは申しております。

スミマセン、Oさん・・・。

テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

本日のママサポは、サプライズが・・・

本日開催のママサポ。

なんと、サプライズがあります!

ご参加の皆さん、お楽しみに~♪

2697.jpg


医療用絵カード、新発売です!

お待たせいたしました!

8月に行われた自閉症カンファレンスでいただいたご意見をもとに、

当法人オリジナルの「医療用絵カード」がついに完成いたしました。

医療に関連する絵カードとなっております。

デザインは、たて型とよこ型があり、さらにタイプA・B・Cの各30枚に分かれています。

商品の詳細は、こちらです。⇒ http://soyokazenotegami.com/products.html




当法人(そよ風の手紙)の絵カードは、アメリカ在住のデザイナー Eriko Sato による心のこもったデザインです。

彼女にも、発達障がいを持つお子さんがいらっしゃいます。

今年4月のそよ風の手紙の法人化に伴い、現在はこちらで絵カードを販売しておりますが、

もともとは、「絵カードのお店」として、現在当法人副代表のえっくんママとともにアメリカでお2人で立ち上げ、

アメリカ在住のママたちとともに絵カード作成を続けてこられた、母親発の愛情のこもったカードです。

その、心のこもった精神は、今の「そよ風の手紙の絵カードのお店」として、引き継がせていただいております。


erikobook.jpg

今回もアメリカと日本での打合せを繰り返し、出来上がりました。

時差があり、なかなか時間を取れない中での作業となりました。

Eriko と えっくんママには、心より感謝です。

いつものことですが、このかわいらしい絵とデザインは、日本中のどの絵カードにも負けないくらいステキです。

私(新保)が惚れ込んだ Eriko Sato のかわいらしいデザイン。

多くの皆さんのコミュニケーションを助けるツールになれたら嬉しいです。


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

かわさきFMの自閉症ニュース、今日(10/4)18:30からオンエア!

10月からの番組改編で、かわさきFM(79.1MHz)の「堀川ひとみの「うたの国から」」放送日時が急きょ変更になりました。

第1・第3日曜、午前11:00からでなくなり、

第1・第3金曜、午後6:30~に変更

30分番組です。

今日は、10月第一週の金曜日。

そうです!

毎月第1週の今日は、「自閉症ニュース」のコーナーが放送される日です!

(お~い、ひとみさん・・・変更の話、昨晩初めて聞いたのでビックリしたよ~(^^;) )


kawasakittb.jpg


私は、番組内の放送開始間もない時間帯で、3分ほど登場しております。
(ちなみに私の部分は録音です。スタジオに見学に来てもおりません。

放送は、同時刻の生放送を全国どこでもインターネット(サイマルラジオ)で聴くこともできます。
サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp

堀川ひとみさんは、アスペルガー症候群の発達障がいを持つ、シンガーソングライターです。
堀川ひとみさんの軽快なトークと、ひとみさん自身の音楽を聴くことができる、明るく楽しい番組です。

ちなみに、今回の自閉症ニュースも、そよちゃんは外部に飛び出し、インタビューレポートをしています。

2696.jpg

訪問させていただいたのは、川崎市中原区にある「おかし工房 しいの実」さん。

作業をされている皆さんの、声をお聴きいただけます。

ご興味のある方は、是非お聴きくださいね♪


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

湘南国際マラソンのTシャツが届きました♪

ちょうど1ヶ月後に開催される、湘南国際マラソンのTシャツが届きました~!

今年は緑かぁ~。

関係書類が届いて、いやが上にも、テンションが上がります。




自分が休日にこのような大会に出るということは、

自分だけのことでなく、息子にいつもと違う生活パターンをしてもらうということ。

それだけに、貴重な時間を無駄にできません。


楽しむときは、思い切り楽しむ。

やるときは、精一杯やる!


早朝ランもこの日に向け、いつもとはテンションが違います。

今日も、息子が寝ている間に、走ってきますね~。

では、では。

平野さんと新宿でお会いしました

「発達障がいの子ども お金のこと 親が亡くなった後のこと」の著者である
平野厚雄さんと、昨日打ち合わせがあり、新宿でお会いしました。

平野さんとは、2年前のRun4u立ち上げの際、立上げメンバーの手で各方面へ仲間を募った際に、
現在当法人副代表の末吉(えっくんママ)の所属するつみきの会の仲間として、
Run4uに参加されました。それ以来の知り合いです。

2689.jpg


独立系FPとしてご活躍の傍ら、プライベートではブラジリアン柔術をされており、
マスクマンとして別の顔もお持ちです。

そんなわけで、久しぶりの再会。
楽しい時間を過ごすことができました。
ちなみにご著書の広告が、本日(10月1日)から1ヵ月間、東武線乗り入れの日比谷線・半蔵門線
4~5本に1本の割合で8両編成の電車のドアに1枚貼られるそうです。

すごい!その車両に乗り合わせてみたいですね~。

2690.jpg


それにしても、世間は狭い。

様々な部分で、今後もお互いにwinwinの関係で行くことになると思います。

平野さん、今後とも宜しくお願いします♪


テーマ : 自閉症児の親 - ジャンル : 福祉・ボランティア

10月になりました!

10月になりました!

10月の我が家のカレンダーは、
昨年参加した、東京おやじの会主催のファミリーキャンプでの
トレッキング中の息子と2人の写真です。

2688.jpg

さて、東京マラソンは今回も落選。これで、7回連続の落選です。

そんなわけで、ターゲットは11月初めの湘南国際マラソン。
この日に向けて、走っていますよ、もちろん。
いつも以上に本格的走りをしています。

9月のランの走行キロは、320km。
8日連続で早朝に15km走っております。

今朝も走ってきたのですが、新たな月ということで、
1時間40分かけて22km走ってきました。

よし、湘南国際マラソンで、自分越えするぜよ!

| ホーム |


 ホーム