プロフィール

ウェブマスター:              一般社団法人そよ風の手紙                            代表理事 新保浩

新保 浩

FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

20歳になった息子へ

りょうまへ


20歳の誕生日おめでとう。

誕生日は毎年来るけれど、今日はいつもとはちょっと違う誕生日です。

君と一緒に歩いてきた20年の道のりは

決して、まっすぐではなかったね。

曲がりくねっていたり、行き止まりで引き返したり、

時として、何度も同じ道を歩いてきたのかもしれない。


でもね、りょうま。

父親の僕にとって、君と歩んできた道は、かけがえのない気付きの道だったんだ。

寄り道した分、たくさんの真実を見ることができた。

ゆっくりと歩いた分、多くの大切な人たちとも巡りあうことができた。

じっくりと立ち止まった分、君が息子であること誇りに思えた。

あらためて、僕の子どもとして生まれてきてくれてありがとう。

そして、君を生んでくれたお母さんにありがとう。


君にとっての20年はどんな季節だったのかな。

さみしい思いや、かなしい思いもたくさんあったことだろう。

でも、楽しいことや嬉しいことも、きっとあったはず。

父親である僕は、この20年間で君に対して何ができたのだろう。

そして、君の心にはどう映っていたのだろう。

君が話してくれるなら、ぼくは素直な心で、その気持ちを聞いてみたい。


君が20歳を迎えたこの日、

父親として、ようやく僕も20歳になりました。

そう、父親としては君と同じ年です。

まだまだ未熟な父親かもしれませんね。


気がつけば、君と一緒にいることのできるこの時間にも、

いつか終りが来ることを、

現実として、受け止めなければならない時期になってきました。


こんどは20年後君が地域で生きて行けるように、

僕がいなくなったあとでも、

自然に、あたりまえに、

君が地域の中で生きて行けるように、

君から学んだ20年という、長そうで短い季節を、

今度はかたちにしてゆく番です。

見つけ出して行く番です。


20年。

不思議と過去の日々を思い出せないのです。

がむしゃらに、猪突猛進に、生きてきた証拠かもね。





僕らの先には、まだまだ未来への道が続いています。

今まではそれが途方もなく遠く、霧にかかって何も見えなかったけれど、

今は霧が薄くなり、未来へ続く長い1本道がうっすらと見えているような気がします。


りょうま、

僕は君のその道を、途中まで一緒に歩いてゆきます。

その先、僕がいなくなっても進むことができる道を、

一緒に見つけだして行きましょうね。


りょうま、20歳の誕生日おめでとう。

そして、

僕の息子でいてくれてありがとう。


2014年7月31日

君の父親より




伊勢原養護学校の皆様に感謝です

本日(7月30日)午後から、神奈川県立伊勢原養護学校にて、教職員の皆様を対象の夏季セミナーの場で、お話をさせていただく機会を頂きました。

iseyou2.png

今まで講演会を様々な場所でさせていただきましたが、教職員のみの対象の講演は今回が初めてです。
実は私自身、2日ほど前から声が出なくなり、左耳が全く聞こえない状況で、一時はどうなる事かと思いましたが、
声の方は今日の朝から何とか出るようになりホッとしております。(左耳の方は相変わらず聞こえません・・・)

そんな中、教職員の皆様はもちろん地域の保育士さんなど、70名くらいのお集まりいただきました。
伊勢原養護学校は弊法人副代表末吉の息子さんのえっくんも通っていた学校でもあり、偶然ながらご縁を感じます。

さて、自分が教職員の皆さまに向けてお話ししたい内容も盛り込みながらの約2時間。
皆様、熱心にお聞きいただく姿が目の前にはありました。
ご参加いただいた皆様に、私の話の中から少しでも心に残るものがあれたら嬉しいです。
皆様の貴重なお時間を頂けたことに心から感謝しております。

今回の夏季セミナーをご企画いただきました、伊勢原養護学校の皆様に、この場をお借りしお礼を申し上げます。
このような機会を頂き、本当にありがとうございました!

2852.jpg

8月1日金曜日18:30~、かわさきFMで放送!

8月1日金曜日18:30からの30分間。
かわさきエフエム(79.1MHz)で、「堀川ひとみのうたの国から」が放送されます。

毎月第一金曜日は「相互理解Week」。
前半の「自閉症ニュース」のコーナーで登場するのが、そよちゃん。
そうです、そよちゃんは私(新保)の別名でございます。

「自閉症ニュース」は放送開始間もない時間帯で、3分ほどのコーナーです。
今回は、8月19日(火)18:30からミューザ川崎シンフォニーホールで開催される、オーティズム(自閉症)ミュージシャン支援のためのコンサート~音楽がくれたつばさ~企画の小柳真由美さんの電話インタビューが放送される予定です。
イベントのHPはこちらです⇒http://tokui.webnode.jp/

放送は、同時刻の生放送を全国どこでもインターネット(サイマルラジオ)で聴くこともできます。
サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp
よろしければお聴きくださいね。


オーティズム(自閉症)ミュージシャン支援のためのコンサート
~音楽がくれたつばさ~


日時:2014年8月19日(火)    開演18:30  開場18:00

場所:ミューザ川崎シンフォニーホール 市民交流室 (JR川崎駅徒歩3分)

入場無料(整理券必要)      

出演:小柳拓人、小柳真由美、三田純子

第1部  講演・ピアノ演奏
      「特異」を「得意」に変えて ~音楽で輝く自閉症のわが子~  

第2部  フルート演奏・トーク
      音楽がくれた出会い~自閉症者と共に生きること~ 

曲目:ラフマニノフ:前奏曲 op.3-2「鐘」
    南養二郎:ねこふんじゃった変奏曲
    モーツァルト=ヴォロドス トルコ行進曲によるコンサートパラフレーズ
    G・タファネル:「魔弾の射手」によるグランド・ファンタジー
    アメリカ民謡:アメイジング・グレイス      他

主催:TOKUI企画
後援:オーティズムミュージシャン研究会 
    川崎市・川崎市教育委員会  「音楽のまち・かわさき」推進協議会    


いよいよ夏休みスタート!

いよいよ夏休みがスタートしました。

すまいるスペースそよ風の手紙では、
放課後等デイサービスは、8月13日~15日に夏休みを頂きますが、
児童発達支援は、夏休みは無く通常通り開所いたします。

夏休み期間も、元気いっぱいのお子様たちとお会いできることを、スタッフ一同楽しみにしております。

smsp.jpg


成年後見、心のキャッチボール

昨日、私が成年後見人をさせて頂いている被後見人の方にお会いしてきました。

社会福祉士として、後見人となり1年。

知的に障がいのあるその方とは毎月お会いしておりますが、今では私が来ることを楽しみにされていることを、ご家族から教えて頂きました。

そのことをお聞きし、とても嬉しく感じています。

その方は言葉をうまく話すことができませんが、一生懸命私に話しかけてこられます。

逆に私からも、たくさん話しかけさせて頂いております。

私自身が未熟で、まだまだ聞きとれないこともたくさんありますが、少しずつですが発せられる言葉をキャッチできるようになってきました。

今はエラーしながらも、会話のキャッチボールが徐々にでき始めています。

この方とは、生涯にわたる長いお付き合いです。

いつか必ず100%の心のキャッボールができるようになりたい。

一人の人として、そのように思う今日この頃です。

ball.jpg

洗濯物と青い空

梅雨の晴れ間。

洗濯物を干していると、屋根のすきまから青空が見えた。

これから息子の通所施設への送り出し。

この、何でもないような日常の風景。なんて穏やかな時間なのだろう。

今日も天使のような子どもたちのもとで、一緒にステキな時間を送れることが楽しみだ。

このような仕事に就けたことに感謝したい。


青空を見上げながら、

この何気ない日常の時間こそ幸せな時間なのだ、と感じた。




韓国のオンライン書店「Yes24」に掲載されました

書籍「そよ風の手紙」韓国版のインタビュー記事が、
韓国のオンライン書店「Yes24」に掲載されました。
http://ch.yes24.com/Article/View/25491

yes24a.jpg

海を越えて、韓国の方々にもお読みいただいていると思うと、
何だか不思議な気持ちになると同時に、感慨無量です。

多くの方々が本を手にして頂けたら嬉しいなぁ・・・。

7/5、武蔵野にて講演をさせて頂きました

7月5日(土)午後から、武蔵野市の武蔵境駅前のスイングホールにて、発達・知的障害児余暇サークルしょーとてんぱー様主催・東京都自閉症協会おやじの会様共済のイベント、「発達障害のわが子と歩む~上映会&講演会」にて、講師としてお話をさせて頂きました。

2851.jpg

私の話は、勉強会のようなものではありません。

ご参加いただいた皆様の心の中をすっと通り抜ける“南国の心地よいそよ風”のような、そんな時間になれることを目指しております。何か一つでも、心の中に残るものがあれば嬉しく思います。

この日は雨にもかかわらず、80名近くの方々にお集まりいただきました。
皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
この場をお借りし、あらためて感謝いたします。ありがとうございました。



チョークアートをされておられる、FacebookでつながりのあるT様もご参加いただきました。
帰り際に、チョークアートのそよちゃんの絵を頂きました。
ありがとうございます。大事にいたしますね♪
omoideart.png

このような機会を頂いた、しょーとてんぱー様、東京都自閉症協会おやじの会様に感謝いたします。
ありがとうございました。

そうそう、ショートステイで頑張ってくれた息子にも感謝です。

ありがとう、りょうま!

140705ryouma.jpg

7月4日金曜日18:30~、かわさきFMで放送!

7月4日金曜日18:30からの30分間。
かわさきエフエム(79.1MHz)で、「堀川ひとみのうたの国から」が放送されます。

毎月第一金曜日は「相互理解Week」。
前半の「自閉症ニュース」のコーナーで登場するのが、そよちゃん。
そうです、そよちゃんは私(新保)の別名でございます。

「自閉症ニュース」は放送開始間もない時間帯で、3分ほどのコーナーです。
今回は、かわさきFMのスタジオのあるタワープレイスそば、タオル刺繍や藍染めの製作販売をされている、
夢屋さんにインタビューをしてまいりました。
夢屋さんのHPかこちらです⇒http://homepage2.nifty.com/yume-ya/

放送は、同時刻の生放送を全国どこでもインターネット(サイマルラジオ)で聴くこともできます。
サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp
よろしければお聴きくださいね。

2849.jpg
↑今回のインタビューレポートは、川崎市中原区にある地域活動支援センターの夢屋さんです!


長~い、一列のブロック

すまいるスペースでの放課後での一コマ。

ブロックを一列に並べて、楽しそ~うに眺めているKくん。

その姿を見ていると、こちらまで嬉しくなってしまいます。



よく見ると、ブロックは一段ではなく複数段。とても器用に積み重ねられています。

自分も横になって見ましたが、見かたによっては壮大な建築物にも見えます。

Kくんには、どのように見えているのかな?

train-2.jpg

職員も癒される、午後のひと時なのです。

教育新聞のコラム掲載

教育新聞様からコラムへの執筆のご依頼があり、
先日、一面の「円卓」というコラムに私の文章が掲載されました。

今回、自閉症や発達障がいのことは書いておりませんが、
自分自身も含めた大人に向け、ちょっと耳の痛いメッセージを書かせていただいております。




7月になりました!

7月になりました!

我が家の7月のカレンダーは、昨年山梨のキャンプ場に遊びに行った時の息子との1枚です。

変化の中にも、ようやく落ち着きが出始めた7月。

今月から、しばらく中止していた“早朝Run”も始めようかな・・・とも考えております。

二度と来ない2014年7月という時を、有意義に過ごしたいです。




| ホーム |


 ホーム