プロフィール

ウェブマスター:              一般社団法人そよ風の手紙                            代表理事 新保浩

新保 浩

FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2014年の夕日に感謝!

毎年1年の最後の日に、1年に感謝して最後の夕日を見ることにしています。
今年も、自宅の近くの丘の上から夕日を見ることができました。
年末に来て、息子とともに体調を崩して寝込んでおりますが、いつものようにステキな1年でした。

2014年の一番の出来事は、息子が20歳を迎えたことかな。

そして、
4月1日には、念願の児童通所支援事業所である
『すまいるスペースそよ風の手紙』を、開所することができました。

この他にも1年を振り返ると、
【1月】
・ 月刊誌「致知」2月号の致知随想に、私の記事をご掲載いただきました。
・ 教育新聞の新春特集紙面「私の好きな言葉」に、私の文章をご掲載いただきました。
・ パナソニックセンター東京のうすいさんのイベントにてパステルアートのワークショップを開きました。
・ 1月~2月にかけて、NHKラジオ深夜便のストリーミング放送を1か月間配信して頂きました。
【2月】
・ 神奈川県発達障害支援センターにて講演。
【4月】
・ 書籍「そよ風の手紙」が韓国版となり、韓国にて出版となりました。
【5月】
・ 文化放送『くにまるジャパン』の生放送にゲストで出演させて頂きました。
・ 川崎市自閉症協会のイベントにて堀川ひとみさんをお招きすることができました。
【6月】
・ 神奈川県立ひばりが丘学園の人権研修にてにて講演をさせて頂きました。
【7月】
・ 東京(武蔵野)にて、しょーとてんぱー様主催のイベントにて講演をさせて頂きました。
・ 神奈川県立伊勢原養護学校の夏季セミナーにて講演をさせて頂きました。
・ 教育新聞一面の「円卓」に私の文章が掲載されました。
【9月】
・ かわさきエフエム(79.1MHz)で、「堀川ひとみのうたの国から」が放送終了。3年半担当してきた「自閉症ニュース」のコーナーも最終回を迎えました。
【10月】
・ NHK・Eテレ「ハートネットTV」にて「君と歩む道 ―シングルファーザーと自閉症児の20年―」が放送されました。
【11月】
・ 青森県特別支援学校PTA連合会様主催の研修会にて講演をさせていただきました。
・ 関内ホールにて、「第3回かながわ福祉サービス大賞」にノミネート。事例発表をしてきました。
【12月】
・ 『アスペハート』38号にご掲載いただきました。
・ 長崎県発達障害者支援センター(しおさい)様主催のセミナーにて、講演をさせて頂きました。

こうして振り返ると、ずいぶん動いてきたなぁ・・という感じです。

そんな中にありながらも2014年は取捨選択の年でした。
今まで長年積み重ねてきたものも、思い切って整理してきたきがします。
2015年はさらに自身を整理して行きたいと思います。

その理由は自分に残された未来の時間です。
無限のようにあると思われた時間は、永遠ではないことに気づかされます。
そして身体は一つしかないこと。
それらを、あらためて気づかされた2014年でした。

新しく迎える2015年が、皆様にとってステキな年となりますように。

20141231sunset.jpg
                      2014年12月31日

    一般社団法人そよ風の手紙 代表理事 新保浩

サンタクロースがやってきた

すまいるスペースそよ風の手紙に、サンタクロースがやってきました。

背伸びをしてまで、サンタクロースを見送る女の子。

やはり、サンタクロースはいたんだね~。

メリークリスマス!

皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪

2014クリスマス

長崎の皆さま、ありがとうございました

12月6日(土)午後、長崎市のNCC&スタジオにて、
長崎県発達障害者支援センター(しおさい)様主催のセミナーにお招きいただき、講演をさせて頂きました。
今回のタイトルは『自閉症の息子が父に教えてくれた大切なこと』です。

300名を超える皆様にお集まりいただく中、2時間近くお話をさせていただきましたが、ほとんどの方が最後まで熱心にお聞きになられていたのが印象的でした。
私はただの父親ですが、そんな私の話の中で、わずかでも皆様の心に残るものがあれば嬉しく思います。

貴重なお時間を割いて、この日会場にいらして頂いた皆様。本当にうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。
また、今回このような機会をいただいた、しおさいのスタッフの皆様、当日ご協力頂いたボランティアの皆様にも今あらためてお礼を申し上げます。
そして、留守番をしてくれた息子と、外出中息子を支えてくれた皆様もありがとうございました。

2870(1).jpg



追伸。
長崎にいつか行きたいと思いながら、今までなかなか機会に恵まれませんでしたが、ようやく夢がかないました。
お陰様で坂本龍馬の亀山社中や、グラバー邸にも行くことができました。つかの間の5%を味わえました・・・。
2871.jpg

長崎の早朝Run

長崎の早朝。
宿泊中のホテルからまだ夜明け前の街を出発し、
8kmほど、早朝Runをしてきました。

本日お集まりいただく長崎の皆さまに、
私の話をどれだけお伝えできるかわかりませんが、
心の中に、一つでも何か残るものになれたら嬉しいです。

2014120608484557d.jpg

『アスペハート』38号に、ご掲載いただきました

発達障害者支援の専門情報誌である『アスペハート』。
12月に発行された38号に、私の原稿をご掲載いただきました。
父親たちによるリレー寄稿というコーナーです。

ご依頼いただいた時、私のような者でよろしいのか戸惑いましたが、
「父親として」ということでお引き受けしました。

ページをめくると、
そうそうたる皆様の中で、やはり少し違う色を放っているような気がします。
ご依頼いただいた編集長様に、あらためて感謝いたします。

『アスペハート』38号を手にする機会がございましたら、お読みいただけますと嬉しいです。

2869.jpg

プロの元で起きた、転倒と徘徊

先週起こった2つの事故。

自宅での訪問介護の際、トイレ移乗で床に転倒した母。

デイサービスの際、建物の外に出てしまい徘徊してしまった父。

2つとも、私は軽微なことではなく、重大な事故と考えている。

しかし未だに、母の転倒事故に対する詳細な説明、対策を含め報告を受けていない。
結果的に骨折等は無く、大事には至らなかったが、
寝たきりになる可能性も十分にあったのだ。
このことを、ケアマネも含めどう考えているのだろう。

全国展開する大手の高齢者福祉法人。
当事者家族にも説明がないということは、
恐らく行政にも事故報告しないことであろう。
全国組織の法人のため、隠しておきたい事例なのかもしれない。
福祉現場における、この隠ぺい体質。残念で仕方がない。

もう少し待って、しかるべき対応をするつもりである。

2868.jpg

| ホーム |


 ホーム