プロフィール

ウェブマスター:              一般社団法人そよ風の手紙                            代表理事 新保浩

新保 浩

FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ご本人の気持ち

このお仕事をさせていただいてから、様々なお気持ちに遭遇したり、様々な想いや心を感じることが日々起こる。

放課後等デイサービスに3年以上週一日通っていたある児童が、保護者の仕事のご都合で弊事業所を夏休み前に退所しなくてはならないこととなった。
言葉をうまく発することができない児童であったが、そのお姿から、すまいるスペースが大好きなことは手に取るようにわかり、通所日はいつも楽しそうに過ごされていた。

夏も終わり、現在10月中旬となった。
学校送迎で他の児童をお迎えに行った際、その児童とお会いすることがあるのだが、
4か月近くの月日が過ぎた今でも、弊事業所の指導員を見つけ、手を引いて送迎車に向かおうとされる。
まるで(何で僕はすまいるスペースに行けなくなっちゃったの?行きたいよ!)とでも、言われているようであるのだ。先生さえも少し困って、苦笑いされている。

保護者のご都合でやむを得ない事情とはわかってはいるものの、ご本人の気持ちを考えると、毎回複雑な思いになるのである。

IMG_5325 (1)

<< Aさんが教えてくれた大切なもの | ホーム | KAKKO先生ありがとうございました。 >>


 ホーム