FC2ブログ

プロフィール

ウェブマスター:              一般社団法人そよ風の手紙                            代表理事 新保浩

新保 浩

FC2ブログへようこそ!

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

「そよ風の手紙」のパステルアート教室について

「そよ風の手紙」のパステルアート教室。

当法人の目指すパステルアート教室は、よくある普通のアート教室ではありません。
自閉症や発達障がい、知的障がいを持つ方とその親御さんが、躊躇なく通うことができるような、
気持を楽にして通うことができるような、アート教室を目指しています。

そもそも、パステルアートなど2年前の私にとっては、無縁の世界でした。
その私がパステルアートを習い始めたきっかけは、息子と一緒に何か楽しめることはないか、そんな理由でした。

そして1年半前、実際に通い始めたところ、その魅力に取り付かれてしまったのです。
と言うのも、パステルはちょっとした技法を学べば、驚くぐらい素敵な作品を、どなたでも描くことができること、そして、直接指を使うため、気軽に楽しく描くことができることを体験したからです。

2461.jpg

同時に、パステルアートは、障がいがある人でも比較的描きやすいことを実感しました。
また、なかなか習い事をしたくてもできない、母親とお子様にも気軽に参加できる習い事として、指を使って描けるパステルは、比較的参加しやすいのではないかと考えました。
これらのことを知ってから、絵カードのお店を法人化しようと打ち合わせを進めていた、現在副代表である末吉も巻き込み、通うことにしたのです。

私どもは約1年半かけて、パステル和(nagomi)アートの正インストラクター資格をこの3月に取得しました。
我々の願いは、障がいが有ろうと無かろうと、ごく普通に習い事ができる教室を開きたいということでした。
また、パステルは指を使うため、微細運動にも良いのではないか?ということも感じました。
さらに、毎回皆様に描いた絵をおみやげとして持ち帰って頂くことができます。

それらを経て、一般社団法人そよ風の手紙では、障がいを持つお子様がお母さんとともに、
何の心配もなく通うことができる教室を定期的に行うことを、法人事業の一つの柱としました。

今後の動きとしては、こちらが指定する日時場所での参加希望を募る方法と、皆様が会場を確保されてそちらへ出張することも承ります。
近々、HP上で詳細をお知らせいたしますが、基本的には親子3組での開催を基本とします。
パステルの道具等は、すべてこちらでご用意いたしますので、手ぶらでご参加できる形になります。

ご興味のある方は、一般社団法人そよ風の手紙の公式HPをご覧くださいね。
また、お問い合わせもお待ちしております。

2462.jpg
(↑ こちらが、我々のパステル正インストラクターの資格者証です)

<< “ウィンウィン”の絵カードになります! | ホーム | 第一回ママサポート開催のお知らせ(4/13:川崎市麻生区) >>


 ホーム